FX取引スタイルの種類

ホーム » シミの種類と正しいケア方法 » シミはいくつかの種類のあるお肌のトラブル│適切なケアが必要

スポンサードリンク

シミはいくつかの種類のあるお肌のトラブル│適切なケアが必要

シミは、1つではなく、いくつかの種類のあるお肌のトラブルです。
その中でも特に多いのが、「老人性色素斑」や「日光性色素斑」
と呼ばれるシミで、一般的にシミとは、この色素班を指します。

 

有名なものでは、他に「肝斑(かんぱん)」と呼ばれる、
女性に良く見られるシミの種類があります。
また、ニキビなどの跡に黒ずんだようになる、炎症性色素沈着も、
シミの種類の1つです。
他に、小さい時にもなりやすい、雀卵斑、いわゆるそばかすがあります。

 

それぞれのシミのできる原因は、女性ホルモンのバランスの乱れや、
加齢によるもの、遺伝によるもの、ニキビや、湿疹などの
炎症によるものと異なりますが、大切なのは、UVケアと美白ケア。

 


UVケアや美白ケアを怠れば、どんなシミも広がり、濃くなります。
そうならないためにも、美白化粧品や、日焼け止めは毎日、
欠かさずに使用してケアしたいところですね。

 

30代、40代になると、美白化粧品を愛用する人も増えますが、
美白化粧品にもたくさんの種類がありますので、含まれている、
美白成分によって、お肌にもたらされる効果も変わってきます。

 

例えば、ビタミンCは美白効果があると良く言われますが、
このビタミンCは、できたメラニンの色素を薄くする効果があります。
また、プラセンタや、リノール酸には、メラニンを上手く排出させ、
なかったことにする効果があります。
この2つでは、お肌への効果も変わってくるわけです。

 

他にも、カモリラETや、アルブチンなどの美白成分が持つ、
メラニン生成を阻害する役割などが、美白成分と言われます。

 

美白成分の差は、何となくイメージできましたでしょうか?
次は、美白化粧品の使い方による違いです。

 

美白効果のある化粧品はさまざまありますので、その形状も、
それぞれに特徴があります。気になるシミにピンポイントで使用するもの、
お肌全体に付けてシミを予防するものなどが、良い例です。
使い方も異なりますので、自分に合ったものを使用するようにしてください。

 

まだ、美白化粧品は使ったことがない、これから使いはじめる
というのであれば、まずは1つ、顔全体に使えるタイプの、
美白化粧品を試してみると良いと思います。

 

気になるシミへの効果で言えば、スポット美容液などのほうが、
効果が高いと言えますが、最初は、全体的に使えるもので、
お肌全体を守れるような、美白ケアを進めていくのが理想的です。

 

その過程で、気になるワンポイントのシミが出来始めたら、
スポットタイプのものも、使用してみると良いと思います。

スポンサードリンク

Return to page top