FX取引スタイルの種類

ホーム » シミができやすい部位

スポンサードリンク

シミができやすい部位カテゴリの記事一覧

目の下のクマ色素沈着はシミの原因になる茶グマ!美白化粧品で改善

目の下のクマは、「疲れ顔」の原因になります。
クマには、「青グマ」「黒グマ」「茶グマ」の3つのタイプがあります。
それぞれでき方の異なる3つのタイプですが、くすみや、シミと、
混同してしまう人も多いようです。

 

・目の下のくすみが気になる?

くすみとは、シミよりも、ぼんやりと暗くなった状態です。
お肌のターンオーバーの遅れや、血行不良に原因があります。

 

・目の下のシミが気になる?

目のまわりの皮膚は非常に薄いため、シミができやすいです。
シミとシミとが重なり、クマのように見えることもあります。

 

・目の下のクマが気になる?

目の下が部分的に、肌の色が変わって見えることです。
総称して"クマ"といいますが、本来正しい言葉の意味を探れば、
"クマ"とは、青グマのことを指します。

 

■青グマ、黒グマ、茶グマの原因

・青グマ

青グマは、目の下の淀んだ血液が透けて見えるものです。
目の付近のお肌は非常に薄いため、血行不良になるほど、
淀んだ血液が透けて目の下が青っぽく見えます。

・黒グマ

黒グマは、加齢によって起こるのが大半です。
薄い目のまわりの肌が、加齢によって更に薄くなり、
目元の脂肪を支える力が劣り、目の下に影ができます。
すると、目の下が黒っぽくシミができたように見えるのです。

・茶グマ

茶グマは、シミや、くすみに原因のあるクマです。
クレンジングや、洗顔の際にゴシゴシと擦ってしまったり、
目をかくクセのある人に多いクマです。
刺激が加わると肌の薄い目元は、簡単に色素沈着を起こしてしまうのです。

 

■あなたの目の下のクマはどのタイプ?それぞれの改善法

・メイクでクマが消えるのなら、青グマかも?

目元の血行不良が原因となりますので、血行が良くなるよう、
スキンケアを行うのが重要です。色白の方や、皮膚の薄い人に多く、
若い世代にも比較的多いクマです。

 

・目のまわりを外に引っ張ると薄くなるなら、黒グマかも?

彫りの深い人ほど、下まぶたに影ができやすく、黒グマになりやすいです。
肌を強くする、内部から健康的にするようなケアが必要になります。

 

・上を向くと、薄くなるなら、茶グマかも?

目の下のシミとシミが繋がっている場合や、くすみが原因となる茶グマには、
お肌のターンオーバーを高めるスキンケアや、美白化粧品が向いています。

 

以上、3種類のクマはそれぞれ原因が異なりますので、
スキンケアの方法も異なります。
年齢を重ねると、皮膚がどうしても薄くなり、どのクマも、
現れやすくなるため、しっかりとしたアンチエイジングケアが必要です。

スポンサードリンク

首の美白はどのように行えばいいの?見た目年齢が一気に老ける

顔の美白のため、日焼け止め、美白化粧品を使用しているのであれば、首まわり、デコルテまで、しっかりと付けることをおすすめします。首まで綺麗な女性は、若々しく見えること間違いありません。

続きを読む

  • 1

Return to page top