FX取引スタイルの種類

ホーム » 外敵から肌を守るシミ対策とケア » 重度の日焼けの対処法!

スポンサードリンク

重度の日焼けの対処法!

毎年、夏になると「重度の日焼け」に頭を悩まされている人を見ます。
「海やプールで寝てしまった」、「日焼けしないと思っていた」など、
理由はさまざまですが、かなりヒリヒリと痛く、皮も剥けます。

 

重度の日焼けは、サンバーンと呼ばれるもので、ヤケドと同じです。
この日焼けによる症状は、UVBと呼ばれる紫外線のB波によるもので、
日焼け後8~12時間たった頃がピークとなり、数日間続きます。
皮膚は赤くなり、熱を持ち、ひどい時には水ぶくれができてしまいます。

 

■重度の日焼けの対処法

ほてりがなくなるまで、充分に冷やすことが第一の対処です。
水疱のできた部分は潰してから、ワセリンを付けたガーゼを付け、
皮膚を保護します。

 

痛みや、ヒリヒリとした感覚がなくなってきたら、保湿対策です。
少しすると、皮が剥けてきます。皮ははがすと、シミになることがあるので、
なるべく自然に取れるまでは、そのままにして、保湿スキンケアを続けましょう。

 

■日焼けした跡のシミ予防

既に日焼けしてしまった場合、シミ予防はどうすればよいですか?
と言う質問を良く見掛けますが、1度焼けてしまった部分は、
もう元に戻すことはできません。

 

そのため、焼いてしまったお肌に対してシミ予防するのは難しいですが、
それ以上ひどくならないように、今から対策することは可能です。

 

・とにかく、初期の段階で充分に冷やしておくこと
・日焼けの跡は痒くもなりますが、なるべく?かないこと、そして、皮を剥かないこと
・水疱ができた部分は、ガーゼで皮膚を保護しておくこと
・日焼けした部分は弱くなっているので、なるべく日に当てないこと
・睡眠を充分にとり、皮膚の回復を早めてあげること
・ビタミンCを良く摂取すること (ビタミンCをとれば、シミができないわけではありませんが、
皮膚の回復にも必要であるため、多めに摂取するのがおすすめです。)

 

■美白化粧品は日焼けのあと、すぐに使っても良いのか?

美白化粧品は、炎症のあるお肌には刺激が強すぎるので、
炎症が収まった頃から使い始めます。早くても、3日間程度は、
美白化粧品ではない、基礎化粧品にてスキンケアを行ってください。

 

尚、おすすめは、ビタミンC誘導体配合の基礎化粧品です。
刺激も少ないですし、皮膚の回復に使われるビタミンの補給ができます。
日焼けしないのが1番ではありますが、日焼けしてしまった時には、
上記を参考にしながら、今のお肌に1番良いケアをしてあげてください。

スポンサードリンク

Return to page top