FX取引スタイルの種類

ホーム » 外敵から肌を守るシミ対策とケア » 紫外線のダメージで年齢と共に回復力が落ちた│バリア機能の低下が原因

スポンサードリンク

紫外線のダメージで年齢と共に回復力が落ちた│バリア機能の低下が原因

お肌は通常、角質層の中で普段私たちが化粧水などで取り入れている
セラミドといった保湿成分を自分で作り出す力を持っています。
この作用によって、角質層はその2割が水分で保たれていて、
はじめて「健康なお肌」といえるようになります。

 

しかし、この2割の水分量は、毎日の生活習慣の乱れや、
加齢、紫外線の影響によって、20%に以下までに減少してしまうことがあります。
これが俗にいう「乾燥肌」の状態です。

 

乾燥肌の女性のお肌は、お肌を守り抜くために、角質層を厚くすることで
対応します。しかし、このことは未熟な角質細胞を作り出すきっかけとなり
角質層のバランスを不安定にする材料となってしまうのです。

 

角質層の不安定な状態のお肌は、肌バリアの機能が低下します。
「健康なお肌」と比べて紫外線からのダメージを受けやすくなり、
外的な汚れやホコリにも弱くなる、敏感肌へと変化していきます。

 

敏感肌となると、更にスキンケアは大変なものとなります。
今までは問題なく使えていた基礎化粧品が合わなくなったり、
化粧水を付けることによってヒリヒリと染みる感触があったりと、
紫外線対策どころではなくなってしまうのです。

 

そのためにも、お肌の角質層の水分量は低下させてはいけないもので
スキンケアには、保湿が重要とあちらこちらで言われているのです。

 

■お肌の回復力を高める、紫外線からお肌を守るには?

お肌の回復力を高め、紫外線からお肌を守るには、バリア機能を
正常の状態に戻してあげることが必要となります。

 

そのバリア機能を回復されるのに重要となるのが、保湿成分です。
年齢とともに、自分で作れる保湿成分は少なくなっていきますから、
美白化粧品などを使って、お肌の水分量を高めていく必要があります。

 

シミやシワはもちろん、お肌のトラブルを起こさないためにも、
乾燥肌・敏感肌にならないよう、毎日のスキンケアには気を配ってください。

 

また、先述の通り、お肌の保湿成分は不規則な生活でも減少します。
食生活のバランスを整えること、充分な睡眠を得ること、
適度に運動をすること、ストレスを溜め込まないことなども、
お肌には、大きく関係してきます。

 

このことにより、紫外線によるダメージには、年々弱くなるとも言えますから、
UVケアはもちろんのこと、美白化粧品での保湿やシミ予防などは、
毎日欠かさずに行い、できるだけ強く、健康的なお肌を目指したいところです。
また、バリア機能は、非常に大切なものですので、そのはたらきを阻害しないよう、
自身の生活も、スキンケア同様考えていってください。

スポンサードリンク

Return to page top