FX取引スタイルの種類

ホーム » 外敵から肌を守るシミ対策とケア » 紫外線はお肌の老化を加速させる!年齢より若く見せる6つのポイント

スポンサードリンク

紫外線はお肌の老化を加速させる!年齢より若く見せる6つのポイント

紫外線は、お肌の大敵とも言える存在です。
シミ、シワの原因になるのはもちろん、お肌の老化を加速化させ、
年齢以上に老けたお肌をつくってしまうのも、紫外線が大きな原因です。
また、紫外線は、皮膚がんの元になるとも言われていますから、
UVケアは、本当に徹底して行うべきものだと考えます。

 

しかし、残念ながら、多くの人は徹底して紫外線対策を行っていません。
その結果、30代、40代、50代になって、シミがあちこちにできた、
シミを消したいと、シミの悩みがあらわになってくるのです。

 

今日は、そんなお肌の大敵である、紫外線対策で気を付けたい、
6つのポイントを紹介します。多くの人が実践することができていない、
部分の紫外線対策で差を付け、年齢よりも若々しいお肌を保つようにしてください。

 

■晴れ、曇、雨、天気に関わらず、紫外線対策を行うこと

晴れている日は、皆さん良く気をつけられるのですが、曇りの日、
雨の日は、紫外線対策を疎かにする人も多いです。
曇っていても、紫外線は降り注ぐものですから、帽子や日傘、日焼け止めは必須です。

 

■春、夏、秋、冬、季節、気温に関わらず必要なUV対策

紫外線は、暑い、涼しいとは関係ありませんので、春夏秋冬、
どの季節でも、充分な対策をとってください。]

 

■室内にいても、紫外線を浴びる可能性はある

紫外線のうち、A波はガラスまで通り抜ける性質がありますから、
室内でも、窓の付近にいれば、窓が閉まっていても紫外線を浴びてしまいます。
家の中でのすっぴんは、気持ち良いですが、室内でも浴びる危険性があることを、
忘れないようにしてください。

 

■日陰にいても、紫外線を浴びる可能性はある

紫外線は、上からだけでなく、左右、下からも浴びるものです。
拡散するもの、反射するものですから、日陰にいるからと安心するのは禁物です。

 

■ほんの短い時間の紫外線量も見過ごせません

紫外線の影響がお肌に現れるのは、お肌の奥にある、
紫外線の量が一定以上に増えた時です。ほんの短い紫外線量も、
例外なく、蓄積されますから、気は抜けません。

 

■ニット素材や、白い長袖は、紫外線を遮らない

夏場でも、ニット素材のアームウォーマーや、白い長袖を着て、
紫外線対策をする人も居ますが、それでは紫外線を遮ることができません。
なるべくであれば、紫外線対策のできる素材のものを着用してください。

 

これらは、良く勘違いされることであり、知らない人も多いです。
後々、シミができた時に後悔することのないよう、今日から生活、
紫外線対策を見直してみてくださいね。

 

スポンサードリンク

Return to page top