FX取引スタイルの種類

ホーム » 外敵から肌を守るシミ対策とケア » 紫外線のダメージが蓄積されている肌が30代で悪化│20代からのシミ対策!

スポンサードリンク

紫外線のダメージが蓄積されている肌が30代で悪化│20代からのシミ対策!

10代のころはシミ一つない玉のような肌は当たり前でした。
ニキビなどで悩むことはあっても、シミで悩むことはない。
シミで悩むのは30代からだから30代から気をつけていれば良い、
なんて思っていませんか。

 

それは甘い考えというものです。
30代、40代でできるシミというのは、20代から蓄積されたものが
現れてシミになっているようなものですから、20代のうちにスキンケアや
シミ対策を怠っていると30代になったときにその時のツケがでてしまう。

 


20代の頃は大学などの学校生活で野外授業やサークルがあり、
30代よりも紫外線を浴びる時間も多いです。

 

そのため、大人以上に日焼け止めに気を使わなければいけません。
更に、20代というのは大人よりも新陳代謝が良く、汗もよくかきますので、
日焼け止めを塗っても汗で流れてしまう可能性があります。

 

そのため、20代の頃よりまめに日焼け止めを塗っていかないと、
気付かないうちに紫外線に直撃しています。

 

また、皮脂の量も大人に比べて多く、ニキビが出来やすいのも、
汚れが毛穴に詰まりやすいからです。

 

20代から洗顔にも気を使わなければいけないのは、
大人以上に毛穴の汚れがたまりやすいのから、
毎日の汚れをしっかりと落とさないと後々に毛穴に蓄積され、
ニキビなどにつながり30代になってくるとそのままシミにも影響してきます。

 

最後に、乾燥肌にさせないことがシミを作らない方法です。
これも、ニキビやソバカスなどにも関係しており、
20代のうちにスキンケアを疎かにし、保湿を怠ると、
20代後半になり吹き出物が良くでき、30代になるとシミに
繋がってきてしまう。

 

1に日焼けどめ、2に洗顔、3にスキンケア、
そして、規則正しい生活とビタミンをたくさん摂取することを念頭に
20代から美肌を目指すのが年を重ねても綺麗な肌でい続ける
秘訣と対策でしょう。

 

20代の頃の対処や対策でほとんどが決まってしまいます。
肌トラブル知らずになるためにも、20代からのシミ対策をやっていきましょう。

スポンサードリンク

Return to page top