FX取引スタイルの種類

ホーム » 年齢に合ったシミスキンケア » 女性ホルモンの分泌不足!代謝の衰えはシミにつながる

スポンサードリンク

女性ホルモンの分泌不足!代謝の衰えはシミにつながる

女性にとって肌は見た目年齢を左右するとっても大切なものですよね。
特に40代の素肌はお手入れの質や量によって、肌に差が出る年代です。
いつまでも美しい素肌でいられるために必要なことは何でしょう?


年代を問わずお肌悩みの中で常に上位にランクインするシミのお悩み・・・。
シミはできてしまうと紫外線を浴びることでどんどん黒く目立つものになっていきます。
シミを目立たせないためのスキンケアやコスメを使用している40代の女性も多いと思います。


40代は20代や30代の頃と比べると、体力の低下を感じることも多い年代です。
体力の衰えは肌の衰えとつながっています。それは体の新陳代謝機能の低下です。
新陳代謝は体の中の様々なところに作用しています。


たとえば増えた体重がなかなか戻らない、汗をかきにくくなったなどは代謝の衰えです。
そして肌では新しい肌に生まれ変わるサイクル、ターンオーバーに代謝は深く関わっています。
ターンオーバーが正常に行われなくなると肌は古い角質でくすんでしまいます。


それだけではなくシミのある部分にも古い角質がいつまでも残るため、
肌表面にいつまでもシミがある状態が続きます。
そうして残ったシミに紫外線があたることでさらに黒く大きくさせてしまいます。


40代の女性の代謝の低下は女性ホルモンの分泌を減少させます。
女性ホルモンは美しい肌を作るための大切な要素です。
この女性ホルモンが減少するとシミが肌表面に現れやすいといわれています。


新陳代謝の低下による女性ホルモンの減少はターンオーバーを遅らせる原因です。
40代は体の中のホルモンのバランスが乱れやすい時期なのでシミのトラブルを抱えやすい。
代謝の衰えや女性ホルモンの減少はシミを作ってしまう原因です。


女性ホルモンの影響でできやすいシミは肝斑と呼ばれ、
左右対称に褐色のシミができるのが特徴です。
また過去に浴びた紫外線の影響が肌にシミとなって現れ、
ターンオーバーの低下でそのシミが残ってしまうのも40代のシミに多い特徴です。


いつまでも美しい素肌でいたいと思うのは女性なら誰もがそう思うものです。
シミができる原因を知ってお肌に合ったお手入れをすることが
40代の素肌を美しく保つためのポイントです。


できてしまったシミもこれ以上濃くしないように、
またこれからの素肌にシミを出現させないようにお手入れを頑張りたいですね。
シミのない素肌は見た目年齢を若々しくしてくれます。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top