FX取引スタイルの種類

ホーム » 年齢に合ったシミスキンケア » しっかり保湿でシミ予防!肌の水分減少で肌トラブル

スポンサードリンク

しっかり保湿でシミ予防!肌の水分減少で肌トラブル

年齢を重ねることで発生する様々な肌トラブル・・・。
30代は特にお肌の変化を感じる年代です。
20代の素肌とは違う30代のお肌を美しく保つには保湿が鍵を握っています。


肌のトラブルの中でも一番厄介なものがシミのお悩みです。
シミは一度肌表面にできてしまうと確実に消すことは難しく、
お手入れで効果が実感できるまで時間がかかるものだからです。


そんなシミは30代の素肌に突然現れやすいといわれています。
シミの原因は蓄積された紫外線だけではなく、
肌の水分不足や乾燥によっても引き起こされます。


肌の中で水分を蓄える機能が低下し始めるのは20代後半から30代くらいからです。
水分が減少してしまうことで肌はかさかさしていきます。
乾燥が進むと肌は外部の刺激に負けてしまいやすい状態になります。


紫外線やメイク落としの際のごしごしこすることが外部刺激となります。
肌が健康な状態であれば気にならないこういった外部刺激も
乾燥している肌には大きな影響を与えてしまうのです。


そういった外部刺激から守るためには肌に十分な水分を与えることが重要です。
シミの予防をするためには水分と保湿、この二つがとっても大切なスキンケアです。
シミはシミを作りにくい肌に導くことで予防することができるお肌トラブルです。


肌の水分と保湿により潤った素肌は正常な肌のターンオーバーが行われます。
ターンオーバーが正常化すると肌の古い角質と一緒に、薄いシミであれば剥がれ落ちます。
肌の状態が不健康であるとシミができやすいだけでなくできてしまったシミも
どんどん黒く目立つようになってしまいます。


30代のシミ予防に必要なことは肌の奥までしっかりと水分を届けてくれるスキンケアと、
その水分が逃げないように蓋をして保湿してくれる乳液によるお手入れです。
お肌は必要なお手入れをすればその分だけ答えてくれるものです。


大きなシミができたり濃いシミができる前に30代からしっかりと
スキンケアでシミの予防をしていきたいですね。
健康な肌はシミだけでなくしわやたるみも防いでくれます。
年齢肌に負けない肌つくりを始めるには30代からでも遅くありません。


一つだけでもあると老けた印象に見られがちなシミ。突然現れるといわれているシミ。
外部刺激に負けない強い健康な肌を手に入れることで、シミを予防することができます。
40代50代の自分の素肌のために、30代だからできるシミの予防を始めていきたいですね。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top