FX取引スタイルの種類

ホーム » 年齢に合ったシミスキンケア » 汗をかいたら水分補給!部活のときは体だけじゃなく肌にも水分が必要

スポンサードリンク

汗をかいたら水分補給!部活のときは体だけじゃなく肌にも水分が必要

10代の若々しい素肌は汗っかきですよね。
新陳代謝も活発なので汗をたくさんかくことも多いと思います。
水分は体の中から汗となって減少していきます。


部活で汗をかいたりスポーツで汗をかく、
若いころの汗はきらりと光って美しいですよね。
汗はかいた分補給してあげる必要があります。


体の中の水分は汗をかくと自然にのどが乾くので飲み物で水分を補給しますよね。
体の中と同じように肌の中でも汗をかくことで水分の減少が起こっています。
同じように肌も水分を欲しがっている状態になるのです。


肌に水分を浸透させるのに普通のお水では内部までしっかり届きません。
手軽に使えるスプレーの化粧水を汗をかいたときにシューっと吹きかけるだけで
肌の水分量をアップさせることができます。


他にもひんやりとした使用感でさっぱり使用できる清涼成分入りの化粧水や
シートになっている化粧水コットンの利用もオススメです。
手軽に水分を与えることができるアイテムを選びたいですね。


汗をかいた素肌は刺激に弱い状態です。
特に顔の皮膚は他の皮膚より薄くデリケートです。
汗をふき取る時にゴシゴシこすってしまうと肌が摩擦によって色素沈着を起こします。


10代でも肌の摩擦によって色素沈着が起こると
シミができたような肌になってしまうこともあります。
顔の汗を拭く時にはやわらかいもので優しくふき取ると肌への負担がかかりません。


10代には関係ないと思われがちな顔のシミですが肌のお手入れを間違うと
30代40代になった頃にシミに悩まされることになります。
肌の水分が失われたならすぐに与えてあげることで肌を守ることができます。


水分の失われたままの素肌は外部からの刺激にすぐ負けてしまいます。
紫外線は外部刺激の中でも一番の大敵です。
紫外線の影響は後々になって現れるところが怖いところです。


肌の奥に蓄積される紫外線は10代の頃に浴びたものが多いといわれています。
これは10代という年齢は十分なスキンケアや日焼け止めなどを
使用していない状態で過ごしていることが原因です。


今の素肌にトラブルがなくても紫外線の影響は将来の肌に出現します。
汗をかいて肌の水分が減少した状態は紫外線の影響を受けやすいことを知って
正しいお肌のお手入れをしていきたいですね。


シミは一度できてしまうとなかなか消すことができません。
10代の頃からのスキンケアはシミの予防に繋がります。
何十年か後に後悔することがないように
お肌を大切に10代を過ごして欲しいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top