FX取引スタイルの種類

ホーム » 年齢に合ったシミスキンケア » そばかすは遺伝的要因も!若いうちからそばかすケア

スポンサードリンク

そばかすは遺伝的要因も!若いうちからそばかすケア

シミは顔の肌にあるととても老けた印象に見られがちです。
肌のお悩みの中でもできてしまうとなかなかすぐに改善できない
厄介な肌トラブルがシミのお悩みです。


20代の素肌にはシミは関係ないと思っている人も多いと思いますが、
よく鏡を見てみると頬に褐色の小さな点々があることも多いのです。
これはそばかすで年齢に関わらず遺伝的な要因によってもできるものです。


そばかすはたくさんあると肌色がくすんで見えることがあります。
主にそばかすは頬のところに出来るものですが、多い人だとはっきり色がついていて
肌のお悩みにつながります。


そばかすは遺伝的な要因もあるので10代や20代の若い素肌にもよくみられるものです。
このそばかすを増やさないために、色を濃くしないためには紫外線対策を
する必要があります。


紫外線は肌の奥でシミの元を作り出す有害なものです。
紫外線にあたることで肌内部ではシミの元がどんどん蓄積されていきます。
美しい素肌には紫外線はまさに敵なんです。


そばかすのある人は紫外線にとっても注意が必要です。
それは紫外線の影響は黒い部分に反応しやすいからです。
一般的なそばかすの色は褐色です。


褐色の部分に紫外線は反応しやすく、
また頬は顔の高い部分なので紫外線が当たりやすい場所でもあります。
そんなそばかすに紫外線があたることで色が濃いシミに繋がります。


そばかすを濃くしないためには十分な紫外線対策をする必要があります。
日焼け止めを毎日使うことで紫外線を防ぐことができます。
顔のUVカットなのでそんなに高いPAとSPFである必要はありません。


ファンデーションが紫外線をある程度防ぐ働きもするので下地として
UVカット効果のあるものを使用するといいと思います。
SPFとPAの高い日焼け止めは紫外線カット効果が高いのですが
その分肌に負担をかけてしまうことがあるからです。
落とすときもなかなか落ちにくいのも難点です。


20代でも気になる頬のシミの原因はそばかすが紫外線の影響で
色濃くなってしまったものであることも多いのです。
そばかすのある女性は意識してUVカットを心がけることで
そばかすをしっかりとしたシミに繋げること避けられます。


年齢を重ねた素肌のお悩みの中でいつも上位にランクインするシミのお悩み・・・。
20代から紫外線対策をしっかり行うことで
年齢を重ねたときの素肌にその効果が現れると思います。
紫外線を防ぐということは、シミを作らないための一番のポイントです。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top