FX取引スタイルの種類

ホーム » 年齢に合ったシミスキンケア » 汗をかいたらこまめに拭いて日焼け止め!シミを作らない肌の維持

スポンサードリンク

汗をかいたらこまめに拭いて日焼け止め!シミを作らない肌の維持

10代の頃は屋外での活動が多く紫外線をたっぷり
浴びることも多いと思います。
私も太陽の下で汗を流していたのが若い頃の思い出です。


屋外での部活や夏の海やプール、10代の頃浴びた紫外線は
何十年後かの自分の肌にシミという要らないものに変身して
ある日突然表れます。


でも10代の美しい素肌を目の前にしているとなかなか実感がわかない、
何十年後かの自分さえも想像できませんよね。
紫外線は10代の頃に蓄積されたものが30代40代のシミの数に直結するんです。


では具体的なシミの対策として何をすればいいのでしょう?
勉強や部活に忙しい10代の頃にスキンケアをしっかり行うことは
なかなか難しいことですよね。


肌そのものが美しい10代は30代や40代のお肌のように
美白効果のあるスキンケアで一生懸命お手入れする必要はありません。
ただ単純に紫外線から肌を守ることに重点を置くことが有効なシミ対策です。


部活やレジャーで汗をかくと肌の表面はふやけた状態になります。
汗は肌の刺激となるので肌トラブルを起こしやすくなります。
健康な肌でなくなると紫外線の影響をさらに受けやすくなってしまうのです。


まずは汗をかいたらこまめにふき取ること!とっても大切なことです。
拭き方にも注意が必要です。
ごしごしと強くこすると肌が摩擦によって黒ずみを生じます。


この黒ずみはシミのように見えたり、シミになったりしてしまうので
肌に摩擦を与えないようにそっとふき取ることがシミを作らない、
また肌トラブルを起こさない大切なポイントです。


そして部活やレジャーなどの紫外線を浴びる前には、肌を守るために
日焼け止めをしっかり塗ることが肝心です。
また汗をかいたらふき取って取れてしまった日焼け止めを塗りなおす必要があります。


慣れないうちはとっても面倒に感じるかも知れませんが汗をこまめに優しく拭くこと、
日焼け止めをしっかり塗り汗をかいたら塗りなおす、
この二つはシミを対策するために大切なことです。


日焼け止めの種類はたくさんあります。
屋外での部活やレジャーの際にはなるべくSPFとPAの
レベルの高いものを選ぶといいですね。


スプレーして塗ることができるものやパウダーが配合されたサラサラした
使用感のものなどが10代の女性に使いやすくオススメです。
手軽に塗れて皮脂の多い10代の肌でもべたつかないで使えるものがいいですね。


10代のシミ対策は『予防』の役割が大きいと思います。
紫外線を蓄積させないように肌を守って10代の美肌をいつまでも維持して
いくことができたらいいですね。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top