FX取引スタイルの種類

ホーム » 年齢に合ったシミスキンケア » 紫外線を浴びる部活やレジャー!日焼け対策をしてシミの元を作らない!

スポンサードリンク

紫外線を浴びる部活やレジャー!日焼け対策をしてシミの元を作らない!

10代のお肌はとっても柔らかで肌トラブルのない美しいお肌ですよね。
シミもシワもないピーンと張りのある素肌は若さの象徴です。
スキンケアは最小限で済んでしまう10代の美肌を大切に維持したいものです。


若いと素肌のトラブルも少ないせいもあって、
どうしても肌のことを考えることがあまりないと思います。
でも10代でも肌に負担を掛け続けるとシミが発生することがあります。


10代でもシミが発生してしまう原因は、紫外線の影響です。
紫外線をたくさん浴びてしまった肌に必要なお手入れをしないことで
シミが発生しやすい肌環境を作ってしまいます。


屋外での部活や夏のレジャーなど、紫外線を浴びる機会が多い女性は要注意です。
日焼け止めの使用をしないで部活に励む人が多かったり、
日焼け止めをしても汗で取れてしまい塗りなおすこともなく
紫外線の影響を受けてしまうこともあります。


ダイレクトに素肌に紫外線が当たると肌の表面では色素が黒く作られていきます。
肌を守るため、メラニンがメラノサイトから多量に発生して肌を黒くします。
肌のもっと奥にまで届いた紫外線は何十年後の肌にシミとなって表れることもあります。


紫外線を浴び続けることで肌の働きが弱まり新陳代謝する力が衰えます。
新陳代謝は肌のターンオーバーと呼ばれ、
美しい肌にはとっても重要なものです。


代謝の弱った肌に紫外線が届くと今度は肌の真皮の部分で肌トラブルが引き起こされます。
肌の真皮で起こった紫外線の影響は、すぐには変化が現れることはありませんが
何十年後かにシワの原因に繋がることがあります。


一度肌の表面に表れてしまったシミは、シミのケアを
していかないとどんどん濃くなっていってしまいます。
シミは褐色のものが多いのですが紫外線は黒いものに強く吸収されます。
そのためシミの部分は他の部分よりもさらに紫外線の影響を受けやすいのです。


10代の頃の毎日繰り返される部活などでの紫外線の影響は、
肌トラブルのない美しい肌にもシミを作ってしまうことになります。
無防備な素肌に紫外線を浴び続けることは10代でもシミができてしまう原因です。


毎日の紫外線から肌を守るためのほんの少しの肌への思いやりが
厄介な肌トラブル『シミ』の発生を防ぎます。
できてしまってから後悔することのないように・・・。


シミを作る大きな原因は紫外線です。
紫外線を浴び続けないような肌への思いやりが
シミやシワのない10代の美肌を守ってくれます。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top