FX取引スタイルの種類

ホーム » 年齢に合ったシミスキンケア » シミを薄くするための美白化粧品の選び方間違ってないですか?

スポンサードリンク

シミを薄くするための美白化粧品の選び方間違ってないですか?

20代~30代の女性は、ほとんどの方が基礎化粧品を持ち、
それでスキンケアを毎日行っていると思います。
スキンケアをする上で覚えておきたいのは、「攻めケア」と「守りケア」
があると言うことです。

 

■攻めケアとは?

攻めケアは、今あるお肌の悩みの改善のできるスキンケアのことです。
例えば、美白化粧品や、毛穴用の基礎化粧品、しわを目立ちにくくする、
などのスキンケアがあります。
ただただ、スキンケアで状態を保つのではなく、積極的に働きかけて、
肌質の向上を目指すスキンケアです。

 

■守りケアとは?

守りケアは、乾燥対策のできるものや、洗顔、保湿が当てはまります。
また、紫外線から守るための日焼け止めなど、UV対策も守りケアです。

 

この攻め、守りは髪の毛に例えると良くわかると思います。
毎日のシャンプー、トリートメントなどは、守りケアです。
今ある髪の毛を清潔に綺麗に保つためのものです。

 

髪の毛の攻めケアは、パーマや、カラー、縮毛矯正などです。
自分の好みの色や、ヘアスタイルに変えてしまうのが、攻めのケア。

 

つまり、シミを薄くするための美白化粧品は、白髪を染めることと似ています。
自然の状態の肌、髪を、自分の好きに変えてしまうことになるので、
肌への負担があります。白髪染め、カラーリングが髪の毛を痛めるのと、同じことなのです。

 

決して、「攻めケア」が悪いと言うわけではないのですが、
スキンケアをする上では考えておくべきことです。
シミと言うのは、ある程度の年齢になったら、必ず現れるものです。
1つの老化現象ですから、白髪と同じです。肌と、髪、どちらも、
綺麗に保てるのが1番となりますが、肌に優しく守るのであれば、
そういったケアをしない自然のままを維持する方法も1つの考え方なのです。

 

美白化粧品は特に、刺激が強いアンチエイジング化粧品として知られています。
敏感肌の方は、美白化粧品が使えなかったりすることも多いですから、
やっぱり、ある程度の肌への刺激というのは、免れないところでもあります。

 

今のお肌を維持するところは、しっかりと維持するために守る、
「攻めケア」、「守りケア」について、考えて、メリハリを付けたスキンケアが、
30代以降、必要になってきます。
なるべく、健やかなお肌の状態を保てるように、今一度、
自分の毎日のスキンケアの方法や、基礎化粧品の選び方など、
見なおしてみるのも良いかと思います。きっと、攻め、守りから考えれば、
より良い自分のスキンケアが確立されると思いますよ。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top