FX取引スタイルの種類

ホーム » 年齢に合ったシミスキンケア » 加齢による皮膚のしみ!老けた印象に見せてしまうスポット斑

スポンサードリンク

加齢による皮膚のしみ!老けた印象に見せてしまうスポット斑

シミは女性にとって大敵ですよね。たった一つあるだけでも
老けた印象に見られがちで、鏡を見るのもいやになってしまうほどです。
シミといえば紫外線!ですが年齢を重ねた素肌にはシミができる原因が他にもあります。


紫外線によってシミのできるメカニズムは、紫外線を浴びることで
表皮の一番下の基底層という部分にあるメラノサイトがメラニン色素を
作り出してこれが皮膚に沈着して起こるのがシミです。


紫外線の影響でできるシミは10代や20代の頃のメラニン色素が
肌の奥に残っていて突然現れるのが特徴です。
40代の素肌にもこういった紫外線によるシミが出現することは多くあります。


40代の素肌にシミができやすいのは、過去に浴びた紫外線の影響に
加えて肌の老化によるシミもできるからです。
額から頬にかけて比較的大きなシミができることがあります。
これは肌の老化によって引き起こされるスポット斑と呼ばれるシミの特徴です。


肌の老化は乾燥肌やストレスのある生活、睡眠不足や
紫外線対策をしてこなかった人ほど早く進みます。
実年齢よりも肌年齢は老けた状態になっている人ほどスポット斑が現れやすいのです。


スポット斑は一般的なシミよりもはっきりと現れるのでメイクで隠すのも難しいシミです。
その原因は不明な部分も多いのですが加齢による肌の変化と言われています。
肌の老化は突然始まるものではありません。


10代や20代の紫外線対策不足や30代からの十分な
スキンケアがされなかったことによって、
40代になって肌の本来持っている機能が低下してしまう・・・。
肌の老化は突然はじまるものではなく、今までの積み重ねが引き起こすものなんです。


そんな肌の老化を少しでも遅らせるために必要なことは、
しっかりと肌に水分と油分を与え、乾燥させないためのお手入れです。
本来の肌機能が低下し始める40代は保湿力の高いスキンケアの使用が必要です。


肌は、手をかければかけた分だけ答えてくれるものです。
スポット斑ができてしまってからでもお肌のことを考えてスペシャルなケアを
続けることで改善されることもあります。
シミが目立たなくなるだけでも素肌はとっても美肌に見えるものです。


40代のシミの原因は、紫外線の蓄積と肌の老化から起こるものです。
いつまでも美しい素肌であるためにスキンケアは
女性にとってとても大切な毎日のお手入れなんですね。
シミは毎日続けてお肌のお手入れをすることが一番の対策です。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top