FX取引スタイルの種類

ホーム » 年齢に合ったシミスキンケア » 20代女性の肌ケア!肌老化を防ぐ正しいスキンケア

スポンサードリンク

20代女性の肌ケア!肌老化を防ぐ正しいスキンケア

■20代前半のお肌 肌老化は確実に進んでいることを、お忘れなく

・10代後半~25歳くらいまでのお肌の様子

表皮にある角質層には、まだまだ充分な水分がありますので、
角質層のバリア機能の持つ力も強く、外的刺激は強いと言えます。

 

また、表皮の奥にあります真皮の部分も、しっかりとした構造で、
コラーゲンが並び、ハリ、弾力のあるモチモチとした肌質です。

 

しかし、10代後半~25歳くらいまでの女性は、少々無理をしがち。
夜遅くまで遊んだり、食事制限を伴うダイエットとしたり、
そういった不規則な生活をすると、肌荒れや、ニキビなどが起きます。

 

このくらいまでのお肌は、肌トラブルを起こしにくいとは言え、
生活習慣には気を配るようにしたいですね。

 

・この時にするべきスキンケア

あまり肌には変化は見られないと思いますが、
お肌の内部では、刻一刻と老化がはじまりつつあります。
特に重点的に行いたいのは、UVケアです。

 

紫外線のダメージと言うのは、10代~20代の頃も含めて、
蓄積され、やがてシミになるものですから、少しでも、
紫外線を蓄積しないように、ケアを行っておくのが、
30代、40代、シミに悩まないようにするために必要となります。

 

■20代後半のお肌 25歳は、お肌の曲がり角です

・25歳~、アラサー世代のお肌の様子

この頃から、少しずつ自分でも老化に気付き始める頃かと思います。
その理由は、「エストロゲン」と呼ばれる若返り女性ホルモンの減少です。
エストロゲンが減少すると、お肌は、更に速度をあげて老化します。
乾燥、毛穴の開き、小じわなどもできやすいです。

 

また、肌には見えなくとも、紫外線のダメージは蓄積されていますので、
肌の内部には、シミの予備軍がたくさん潜んでいる状態でもあります。

 

・この時にするべきスキンケア

女性ホルモン「エストロゲン」の減少は、肌に大きな影響があります。
このエストロゲンは、25歳をピークにどんどん分泌量が少なくなりますが、
この分泌量は、加齢だけではなく、不規則な生活や、
過度のストレスなどによっても、減少してしまうものですから、
なるべく、エストロゲンを減少させないような生活を送ることが美肌の秘訣です。

 

また、この時期は保湿を重点的に行ってください。
乾燥しやすくなるこの時期に乾燥肌となりますと、シミ、シワ、
さまざまな肌トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。
特に、ビタミンC誘導体の含まれたものは、エイジング効果に期待できるので、
配合の化粧水や美容液を使用すると良いでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top