FX取引スタイルの種類

ホーム » 年代別の効果的な美白方法 » シミができるメカニズム│やっぱ若いうちから対策を始めるべき!?

スポンサードリンク

シミができるメカニズム│やっぱ若いうちから対策を始めるべき!?

30代、40代、特に気になるエイジングトラブルの1つに「シミ」があります。
そもそもシミとは、どんなものなのでしょうか?また、どのようにして、
シミは生まれてしまうのでしょうか?

 

■シミとは?シミができる理由と、そのメカニズム

シミとは、メラニン色素が肌に蓄積(色素沈着)したものです。
このメラニン色素と言うのは、もともとは、お肌を守るためにあるもの。
お肌にとって、悪いものではありません。

 

メラニンが生まれるのは、紫外線からお肌を守るためであって、
お肌がお肌に掛かる負担から、守る、防御反応がはたらいている証拠です。

 

お肌に紫外線が当たると、表皮の1番奥にある基底層の部分で、
メラニンを作ります。真皮を守る役割、メラニンを作り出す、
メラノサイトを保護する役割があります。

 

健康なお肌の場合、作られたメラニンは、お肌のターンオーバー、
約28日の周期をもって、お肌の1番表面に押し上げられ、
最後は垢として排出されます。

 

シミと言うのは、この排出が上手く行かなかった時に起こるもの。
紫外線を大量に浴びてしまった時や、加齢の影響による、
お肌の健康が損なわれた時などには、メラニンをつくる、
メラノサイトが活性化され、メラニンが過剰に作られてしまうのです。
こうなると、ターンオーバーでは、排出しきれなくなり、シミができます。

 

■何と言ってもUVケアが大切。10代~20代のうちから始めるべき。

30代、40代になった今より、子供の時のほうが紫外線を浴びます。
しかし、ガンガン紫外線を浴びていたはずの子供の時は、シミにはなりませんよね?

 

これは、30代、40代になって、10代子供の頃に受けた紫外線が、
蓄積に蓄積を重ね、やっと、表面化してくるからです。
また、この時期はメラノサイトの機能が悪くなると言えるので、
更に、メラニンを作り出しやすくなってしまうのです。

 

30代、40代の時期になると、メラニンの生成が活発化するだけでなく、
お肌のターンオーバーも遅れ、排出がしにくくなります。
そういったことより、この時期にシミが見られるようになるのです。

 

だからこそ、10代~20代の頃からの適切なUVケアが重要。
特に娘さんのいるお母さんは、娘さんにも教えてあげてくださいね。

 

ただ、UVケアと言うのは、既にシミの出来始めた30代、40代の女性も、
絶対に怠れないものです。更にシミを増やしてしまわぬように、
諦めず、毎日の紫外線対策は行うようにしてください。

 

スポンサードリンク

Return to page top