FX取引スタイルの種類

ホーム » 年齢とともにできるシミの予防法と消去法 » 出産後のシミ!女性ホルモンの変化が原因

スポンサードリンク

出産後のシミ!女性ホルモンの変化が原因

30代の女性というと大きなライフイベントが多い年代ですね!
結婚や妊娠、さらに出産にいたるまで様々な環境の変化がおとずれます。
慌しいながらも幸せな日々を過ごしている、
そんな30代の女性は多いのではないでしょうか?


女性は体の不調や変化を女性ホルモンの影響によって受けることが多くあります。
生理前のイライラや吹き出物なども女性ホルモンの変化によるものです。
女性ホルモンは女性の体にとってとても大切なものなのです。


妊娠は女性ホルモンを一気に増やします。
出産に向けて女性ホルモンを増加させるように体に指令を与えます。
女性ホルモンが増えると肌がつやつやになって美肌になります。
妊婦の間、いつも抱えていた肌のトラブルがなくなったという話をよく聞きます。


出産をすると今度は女性ホルモンが徐々に減少していきます。
産後は赤ちゃんのお世話で忙しく睡眠不足になりがちです。
そういった体への負担も女性ホルモンを減少させる原因のひとつでもあります。


妊娠中に一気に増えた女性ホルモンが、
産後また減少していくという体の中での大きな変化はシミを作る要因になります。
これは女性ホルモンの中でも黄体ホルモンと
呼ばれるホルモンが大きく関わっているのです。


黄体ホルモンの変化は、左右対称に現れる肝斑と呼ばれるシミを作ります。
女性ホルモンのバランスが乱れることによって、
シミの元であるメラニンを生成させるようにメラノサイトに
間違った指令を出してしまうからです。


このため産後はシミが肌表面に現れやすいといわれています。
私も産後1年経ったころに突然頬にシミが発生した経験があります。
女性ホルモンのバランスは美肌を作るためにとても大切なことなのです。


体の中の黄体ホルモンはピルを服用することによっても変化します。
ピルを服用している女性も産後と同じようにシミが
作られやすい状態になっているため、
しっかりとお肌のシミケアをしておく必要があります。


女性の体は妊娠&出産というおなかが膨らみまた
元に戻るという見た目の変化だけでなく、
体の中のホルモンのバランスも劇的に変化させています。
30代の女性にとってのシミはこういった体の変化によって作られることが多いです。


産後のシミは体の中の急激な女性ホルモンの変化が原因です。
妊娠やピルを服用するときにはシミの対策も考えておきたいですね。
女性の体にとっての女性ホルモンは、様々なところに影響のある大切なホルモンです。

スポンサードリンク

Return to page top