FX取引スタイルの種類

ホーム » 年齢とともにできるシミの予防法と消去法 » 老人性色素斑ができはじめる年齢|油断すると怖い紫外線による肌トラブル

スポンサードリンク

老人性色素斑ができはじめる年齢|油断すると怖い紫外線による肌トラブル

40代からできるシミ、その殆どが老人性色素斑なんです。
特徴としては、シミの境界がハッキリとわかるようになっていて、
色が褐色や黒色なところです。別名、日光黒子と呼ばれていて、
原因も紫外線や老化が原因とされており、
50代以降の人の約8割以上が現れているシミでもあります。

 

30代からできやすいと言われてはいますが、
浴びた紫外線などによって影響されますので、紫外線対策を怠っていたり、
紫外線を良く浴びていた人などは20代でも現れてきます。

 

スポーツをやっていた人などは良い例で、
外でのスポーツを長年やっている人は、
20代半ばから少しずつできることもあるでしょう。

 

既に老人性色素斑ができてしまったからと、
諦めて日焼け止めや日焼け防止グッズを使用せずにそのまま浴び続けると
更に老人性色素斑は悪化して、増えていき、境界範囲も広がっていきます。

 

この肌トラブルは、美白効果のある化粧品などで多少は軽減することは
可能ですが、時間がとてもかかりゆっくりと薄くなっていきます。

 

そもそも老人性色素斑自体が、私たちが見えていないだけで、
時間をかけてゆっくりと出来上がっているものなので、
治すのにその倍以上の時間がかかるのは当たり前の話なんです。

 

その為、老人性色素班を綺麗に除去するには、
レーザー治療などの医療関係での処置が必要となってきてしまいます。

 

シミの濃さや広がり方によっても異なりますが、
濃ければ濃いほどレーザー治療でも治すのは大変になっていきます。

 

そのうえ、この老人性色素斑は酷くなっていくと、
シミというよりはイボのように盛り上がっていく症例もあり、
イボだと思ったら実はシミが悪化していたものだなんていうこともあるんです。

 

上記を見ると、紫外線というのがどれだけ肌に影響していて、
肌トラブルを生むのかがわかりますよね。

 

だからといって、生きていくなかで紫外線を浴びないというのは
無理に近しいでしょう。

 

ですが、極力、紫外線を浴びないことは可能ですし、
直接浴びないだけでもとても変わってきます。
対策としては、紫外線をあまり浴びないことと、
美白系化粧品を使用する事でしょう。

スポンサードリンク

Return to page top