FX取引スタイルの種類

ホーム » 年齢とともにできるシミの予防法と消去法 » 目の周りに出来るシミの原因│もしかして肝斑かも左右対称にできてる?

スポンサードリンク

目の周りに出来るシミの原因│もしかして肝斑かも左右対称にできてる?

目の周りにクマのような淡褐色のようなものができていて、
寝ても寝ても治らない。

 

実はそれって左右対称にあって、肝斑の可能性が高いです。
肝斑は両頬や額などに出来やすく色は淡褐色のような色で、
30代から40代の女性に症状が現れがちです。

 

老人性色素斑の次に日本人はこのシミが多いのですが、
老人性色素斑やそばかすなどと違ってとても気付きにくいです。

 

顔色が悪くて、肌が褐色っぽいと思っていたらこれも
実はシミだったなんて話は、ない話しではありません。

 

妊娠中にも現れやすいといわれいて、
妊娠二ヶ月ごろから現れる人もいますが、
その殆どが産後一年でなくなっていきます。

 

上記の内容でも分かるように、
肝斑はストレスやホルモンバランスにもっとも影響されて現れています。

 

ただ、紫外線が良く当たる場所に症状が出やすいので、
やはりこのシミも紫外線を強く浴びているのも関係しています。

 

その為、効果的な化粧品は美白化粧品などの漂白効果がある
化粧品でしょう。

 

リノール酸やアルブチンなどの美白効果のある成分が配合されている
ものを選んで使用しつつ、ケミカルピーリングなども利用するとより
効果的に症状を抑えることが可能です。

 

また、ビタミン類などの内服も効果的とされていて、
美容栄養剤と今は呼ばれているものを一緒に内服すると良いでしょう。

 

日本人は特にできやすいシミですが、
その中でも肌が黒い人の方ができやすいと言われているシミです。

 

変にレザーなどで取ってしまうよりも、
時間をかけてゆっくりとスキンケアや内服などで治療していった方が
良いとされています。

 

そして、不思議なことに50代を超えると症状が安定し、
肝班自体が薄く消えていく人もいますので、
もしかしたら自然と消える可能性もあります。

 

ですが、それまでに綺麗な肌でいたいと思う人は、
肝斑にあった対処法で綺麗な肌色を目指していきましょう。

 

他のシミと比べて絶望的に治らない、
時間がかかるというものでもありませんので、
ホルモンバランスを整えストレスを与えないことがなによりの近道です。

スポンサードリンク

Return to page top