FX取引スタイルの種類

ホーム » 年齢とともにできるシミの予防法と消去法 » できてしまったシミのお手入れ方法!重点的なシミケアで明るい素肌に

スポンサードリンク

できてしまったシミのお手入れ方法!重点的なシミケアで明るい素肌に

キメの整った美しい素肌であってもたった一つシミがあるだけで、とっても老けた印象に見られてしまう・・・。
それがシミという多くの女性が経験するお肌悩みです。


40代の素肌というと、長い間肌の奥で眠っていたシミの元であるメラニンが肌の表面に現れやすい頃です。メラニンは10代や20代に浴びた紫外線の影響で作られているものも多く存在します。


過去に浴びた紫外線はもう消すことができません。実際に肌表面にシミができてしまっているという女性も多いと思います。できてしまったシミはスキンケアなどで消すには時間がかかるものです。


スキンケアは美白が中心となりますが、ほかにシミのある部分に紫外線があたりシミが濃くなるのを防ぐために日焼け止めの使用もシミのお手入れ方法の一つです。
30代の頃から始めると良いとされている美白スキンケアを、40代ではさらにプラスでスペシャルなケアとしてシミの部分に集中的にケアできる美容液の使用がオススメです。


美容液のなかでも顔全体に塗る美白美容液は顔色を明るくしてくれる効果があり、シミの部分だけを美白したいときにはコンシーらーのようなスティックタイプの美白美容液もあります。全体的な美白に比べると部分使いのほうが美白の成分が濃縮されて配合されています。


40代の素肌にオススメなのは顔全体的な美白のできる美容液と、シミのある部分に重ねて使うスティックのダブル使用です。これによって効果的に肌そのものから美しい状態に導くことができます。


また。即効性のあるシミのお手入れとして美容皮膚科でのレーザー治療があります。
レーザーでの治療法はシミのある部分をかさぶたにして自然な形でシミと角質を除去する方法です。一般的にレーザー治療は紫外線の影響で発生したシミに効果があると言われています。


美容皮膚科でのレーザー治療は、早くシミをなくしたい人やシミがはっきりと濃い人にオススメです。レーザー治療をした後でもまだ肌の奥にシミの元が眠っている可能性があるので、美白のスキンケアの使用が必要です。


シミが肌に一つあるだけで女性は自分になんだか自信を持てなくなってしまいますよね。
40代というシミのできやすい年代だからこそ、十分なシミのお手入れでいつまでも美しい素肌をキープしていきたいですね。


40代のシミのお手入れ方法は、今までの美白ケアプラス重点的なシミのケアとシミの種類によってはレーザーでの治療もオススメの方法です。
自分に合ったシミのケアを選択することが大切です。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top