FX取引スタイルの種類

ホーム » 年齢とともにできるシミの予防法と消去法 » 炎症性色素沈着の原因と対策|有効な美白成分と効果的な予防法!!

スポンサードリンク

炎症性色素沈着の原因と対策|有効な美白成分と効果的な予防法!!

炎症性色素沈着は他のシミと少し違って、傷に近い症状が多いです。
シミには変わりありませんので、
境界が分かる程度の円形型の色素沈着された色ですが、
違いは症状の原因にあります。

 

炎症性色素沈着は、かぶれ、傷、ニキビ跡などにできるシミとなっていますので、
他のシミのように紫外線だけが原因ではありません。

 

基本、シミというのは、ストレスやホルモンバランスの崩れ、
強い紫外線が直結してシミになっていきますが、炎症性は名前の通り、
炎症などが原因となっていますので、気をつけるのは紫外線などではなく、
既にできている傷やニキビをしっかりと治癒しなければいけません。

 

皮膚の刺激などでもできてしまうため、
敏感肌の人はコットンなどの刺激が原因なこともあります。

 

基本、炎症性色素沈着は、例えば怪我をして、かさぶたが取れ後に怪我の跡が
実はしみになっていたというケースも多いです。

 

肌のターンオーバーが健康的に起動していて、活性化している人は、
炎症性色素沈着のシミができても、自然と治っていく人もいますので、
消去することは可能です。

 

この症状が現れたたいていの人は、漢方などを飲んだりと内服薬を使用したり、
美容化粧品を使用する人が多い様です。

 

美白効果のあるハイドロキノンなどが入っている化粧水や
ビタミンC配合のクリームなどを利用するとより効果的に
治癒することが可能でしょう。

 

ただし、炎症性色素沈着が現れわれているということは、
その分、肌が敏感になっている可能性もあります。

 

化粧水などは使用する前に一度手などでテストしてみて、
使用を考えることをお奨めします。

 

自分に合わないスキンケア方法が一番皮膚を悪化させていますので、
少しでも違和感があれば直ぐに使用をやめてください。

 

また、基本は、美容化粧品や内服で改善されますが、
半年や一年以上やってみて効果がない場合は、
合わないか色素沈着が根深い場合があります。

 

その場合は皮膚科に通って、一度見てもらうことをお奨めします。

 

スポンサードリンク

Return to page top