FX取引スタイルの種類

ホーム » 年齢とともにできるシミの予防法と消去法 » 肌老化がはじまる年齢は!?エイジング肌原因の4つのポイント

スポンサードリンク

肌老化がはじまる年齢は!?エイジング肌原因の4つのポイント

お肌の老化は、0歳、生まれた時から始まると言われています。
実際、赤ちゃんのお肌と、小学生の子供のお肌とを比べても、
その水分量には差があり、徐々に老化してきていると言えるのです。
もちろん、その老化を、人が「老化」として捉えるのは、
20代後半~30代、40代と、先の事になりますが、
日々、老化はしていくものなのです。

 

では、30代後半~40代くらいになると、さまざま起こる、
エイジング肌の原因について考えて行きましょう。

 

■シミ、お肌のくすみは、新陳代謝が低下することで起きる

お肌の新陳代謝とは、ターンオーバーと呼ばれるもの。
表皮の細胞がある一定期間をもって、新しいものへ生まれ変わるサイクルのことです。
若い時の肌の場合、このサイクルは約28日間掛かると言われますが、
40代になると、約40日も日数が掛かると言われています。
そのため、シミが消えにくく、肌がくすんでしまったり、
小さなシワが見られるようになります。

 

■加齢とともに起こる乾燥の原因はセラミドの減少

セラミドは、表皮にある角質細胞の間を埋める、
細胞間脂質のうち、4割を占める成分です。
この成分が減少すると、水分と結びつく量が減少するため、
お肌の保湿力が低下します。
本来、このセラミドは表皮細胞の中でつくられるものですが、
年齢とともに、生産量が落ちるため、乾燥化が進み、
肌荒れが起こりやすくなります。

 

■表皮の1番奥にある基底層が徐々に弱くなる

お肌の土台である真皮と、表皮の境目にある部分が基底層です。
この基底層の役割は、表皮細胞を生成する、メラニン色素をつくる
といった重要なものがあります。
本来、基底層にあるメラノサイトは、真皮を紫外線から守るために
メラニン色素をつくりますが、年齢とともに、基底層の役割が弱くなると、
真皮にまでメラニン色素が行き渡り、自然には消すことのできない、
シミの悩みに繋がってしまいます。

 

■お肌は年々、ハリと弾力が失われていく

ハリ、弾力不足は、真皮にあるコラーゲンの減少が原因です。
真皮のコラーゲンはもともと、真皮の7割を占めると言われますが、
40代以降になると、新しくコラーゲンを生成する力が弱くなり、
どんどんお肌のハリや弾力が不足していってしまいます。
セラミド同様、このコラーゲンも本来は古くなったものは、
酵素などが分解し、新しく生まれ変わるものですから、
コラーゲンの減少や、劣化、変性を止めるスキンケアは
エイジングケアに非常に重要です。
顔のたるみ、深いシワ、シミなどの原因にもなります。

スポンサードリンク

Return to page top