FX取引スタイルの種類

ホーム » 体内からつくる美肌方法と肌の体質改善 » エイジング肌の対策│血糖値をコントロールするのが重要!

スポンサードリンク

エイジング肌の対策│血糖値をコントロールするのが重要!

エイジング肌の予防には、糖質のコントロールが大切です。
お肌の糖化は、何か1つの肌トラブルではなく、30代~40代の女性が、
気になる、さまざまな悩みの引き金になります。
シミが出来やすくなったと感じる人、しわが深くなったと感じる人、
お肌のくすみが感じられる人、全体的に肌がたるみはじめた人、
どんな肌の悩みにも、関係します。

 

そんなエイジング肌の糖質コントロールは、低GI値の食品を、
良く摂り、高GI値のものを、抑える工夫が必要です。しかし、
私たちが主食とする白米も、高GI値食品の1つ。だからこそ、
下記の食後の血糖値を上げさせない、下げるコツを実践してみてください。

 

■食後の血糖値を下げるには?上げさせないコツとは?

血糖値の急上昇は、低GI値食品を食べれば抑えられますが、
調理に一工夫する、食べ方に気をつけるだけでも、抑えることが可能です。

 

まず、食事を食べる時には、食物繊維の多いものから、食べます。
特に、昆布やわかめなどに含まれる水溶性食物繊維には、
ブドウ糖の吸収を穏やかにする作用がありますので、その分、
急上昇しにくくなります。サラダなども先に食べるのが理想です。

 

また、苦手な人も多いと思いますが、ご飯を食べる時には、
牛乳や、乳製品と一緒に食べるのが、血糖値を上げさせないコツです。
私自身、牛乳+ご飯の組み合わせは苦手なので、
大きな声では言えないですが、本当はこの組み合わせが理想的です。

 

油を使用した調理方法は、GI値を下げることが出来ます。
また、麺類を主食とする場合は、固めに茹でることによって、
消化の時間を遅らせる効果、GIを下げる効果があります。

 

更に、食事に気を付けたい場合や、美肌・ダイエット効果に期待したいのであれば、
食後30分~1時間経って、運動するのがおすすめです。
少し汗ばむ程度の運動が理想です。

 

■今話題の「へるしごはん」知ってますか?

今、女性の間で話題になっている「へるしごはん」は、
いわゆるチンするご飯のこと。糖質はもちろん、カロリーカットの、
低GIを実現させたご飯なんです。
つい、不足しがちな食物繊維も9倍含まれていますから、
女性の便秘改善にも、一役買ってくれます。

 

私も実際に食べてみましたが、ほとんど、白米と変わりません。
普通のご飯と一緒ですから、食べごたえもあり、ダイエット食品のような
物足りない感じもありません。通常のパックのご飯と値段も変わらないので、
お弁当の時のご飯などに、特におすすめです。

スポンサードリンク

Return to page top