FX取引スタイルの種類

ホーム » 体内からつくる美肌方法と肌の体質改善 » 糖質のコントロールでエイジングケア│今注目を浴びている美肌ケア

スポンサードリンク

糖質のコントロールでエイジングケア│今注目を浴びている美肌ケア

『糖質』を抑えたり、ゼロにカットした食品・飲料が増えてきています。
ビールにしても、ジュースにしても、食品にしても、「糖質ゼロ」や、
「糖質カット」といった商品、良く見かけるようになりましたよね。

 

多くの人は、「糖質」=体重増加に関わるとして捉えていると思いますが、
実は、「糖質」と言うのは、体重増加はもちろん、お肌の状態とも、
大きく関わりがあることが分かっています。
30代~40代になったら、スタイルのため、美肌のため、
糖質を気にした食事内容に変化させるべきだと言えます。

 

■糖質は、体内に入るとどうなるのか?

お菓子や、果物、甘味のある食品はもちろん、パン、ご飯などの、
炭水化物にも含まれるものです。体にとっては、エネルギー源なので、
必要不可欠なものだと言えますが、多量を摂取すれば、
血糖値が急上昇して、インスリンが糖分を脂肪分に変えてしまいます。
ここが、ダイエットと大きく関わる部分です。

 

また、体内に余った糖は、蛋白質と結びついて、AGEを生成します。
これが、お肌と大きく関係する部分です。真皮にあるコラーゲンなどの、
美肌成分にダメージを与え、シミ、しわ、たるみ、さまざまな、
エイジング肌の原因になります。

 

この糖質が含まれるものは、「GI値」と呼ばれるもので表示されます。
この値の高いものほど、糖質が多いです。
代表的なのは、パン、ご飯などの炭水化物。私たちにとっては、『主食』ですから、
上手く、「GI値」をコントロールしながら、食事を摂ることが、
シミ、しわのない綺麗な美肌を作ることに繋がります。

 

■糖質を抑えた食生活に変更すると得れるメリット

・健康に良く、体重の減少に効果あり

血糖値の上昇は、食材によって異なります。
同じ量の糖質のある食材でも、その糖質によって上昇の値が変わってくるものです。

 

それが、先ほど紹介したグリセミックスインデックス、GI値です。
高GIは、パン、ご飯の他、スイカなど。中GIは、うどん、バナナなど。
逆に低いのは、スパゲッティーや、そばなど、
炭水化物抜きダイエットをしなくとも、充分に糖質は抑えられそうです。

 

・アンチエイジング効果あり

AGEとは、最終糖化生成物のことです。これが皮膚に蓄積すると、
くすみ、シミ、しわ、たるみ、さまざまな肌トラブルを招きます。
また、骨にあることで、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の原因にもなるので、
女性の方は特に、美肌目的として「糖質」のコントロールをすることを、おすすめします。

スポンサードリンク

Return to page top