FX取引スタイルの種類

ホーム » コスメじゃなきゃできない美白 » シミを消す美白化粧品の選び方!美白成分によって効果に違いが出るよ

スポンサードリンク

シミを消す美白化粧品の選び方!美白成分によって効果に違いが出るよ

美白とは、「美白化粧品」「美白成分」などに使われるように、
白いお肌を指します。女性ならば、透明感のある白いお肌に、
誰しも、憧れがあるのではないでしょうか?
そんなお肌を目指すことを、美白を用いて「美白ケア」と言います。

 

しかし、私たちのお肌には生まれ持った色があります。
元々、色白の方も居れば、火に焼けたように色の黒い人も居ます。
これは、皮膚の中にある、メラニン色素、毛細血管を流れる、
血液の色が大きく関係していると言われます。

 

少し前までは、芸能人やモデルの方を見ても、お肌は、
美白ではなく、少し焼けた小麦色が理想だとされていましたが、
今は断然、美白ブーム。色白さんは更に白く、それを保つように、
色黒さんは、より色白さんに近づくような、美白ケアを行うと言います。

 

また、お肌のトーン以外にも、「美白ケア」は使われます。
例えば、年齢とともに現れ始めた、シミ。これを、消そうとする、
薄くしようとするのも、「美白ケア」です。
なかなか気になるものですから、40代、50代の方の美白ケアとは、
このシミを消すケアが大半になります。
そんな美白ケアのできる、美白成分とはどんなものがあるのでしょうか?

 

■美白成分

美白成分とは、正しくは、美白有効成分と呼ばれる成分で、
厚生労働省に認められいる成分のことを指します。
これが含まれているのが「美白化粧品」です。
ここでは、特に知名度の高い美白有効成分について、
いくつか紹介したいと思います。

 

・アルブチン

コケモモなどに含まれているアルブチンは、
メラニンが作り出される時に大きく関わる酵素、チロシナーゼの
はたらきを抑制します。

・エラグ酸

エラグ酸は、イチゴに含まれているポリフェノールです。
アルブチン同様に、チロシナーゼを抑制する効果に期待できます。

・ルシノール

樅の木に含まれる成分が元になったと言われる成分で、
チロシナーゼ酵素と合体し、メラニン生成を予防します。

・カモミラET

原料は、カモミールの葉です。エンドセリンを抑制することで、
メラニン生成、メラノサイトの増殖、はたらきを抑えます。

・リノール酸

サフラワー油などに含まれている成分です。
メラニン生成の時に使われるチロシナーゼ酵素を分解します。

 

他にも、さまざまな美白有効成分がありますので、
美白化粧品というのは、全て同じ効果ではなく、その化粧品ごとに、
美白について特化している部分が変わってきます。
化粧品を購入する際は、美白有効成分にも注目しながら選びたいところですね。

 

スポンサードリンク

Return to page top