FX取引スタイルの種類

ホーム » 紫外線対策と食生活 » 紫外線対策を行いたいのであれば「ソラレン」に注意!

スポンサードリンク

紫外線対策を行いたいのであれば「ソラレン」に注意!

美肌のために、毎日食生活に気を使う女性も増えてきています。
不足しやすい野菜や果物を特に、ジューサーや、ミキサーを使用して、
さまざまな栄養素を取り入れるようにしているといった声も、良く耳にします。

 

しかし、中には朝食に取ると、お肌に逆効果を及ぼすものもあるんです。
「お肌に良いもの」と勘違いして、毎日食べている野菜や果物が、
もしかすると、「お肌に悪い、シミをできやすくする」食材かも知れません。
今日は、朝食に取り入れてはいけない食材について、また、
何故、朝食に取り入れるべきでないのかを、詳しくまとめました。

 

■女性なら1年中気になる紫外線対策、正しいケアできてますか?

紫外線対策に効果的とされるのは、ビタミンA、βカロチンを多く含む、
にんじんや、かぼちゃ、ほうれん草などの野菜類。
ブロッコリーや、カリフラワーなどの、ビタミンC豊富な野菜も重要です。
更に、ビタミンE、これも紫外線対策には欠かせないと言えます。

 

しかし、レモンなどのビタミンCを多く含む食材と言うのは、
シミに対する良い効果が期待されているものの、その一方で、
肌を過敏に反応させるようにするというはたらきがあります。
つまり...、少しの紫外線でも、シミができてしまう肌になるということです。

 

■レモンパックや、きゅうりパックは、間違ったスキンケア方法

輪切りにしたきゅうり、レモンを顔に乗せるパックが流行しましたが、
これは、間違ったスキンケア方法です。今も、このパックを
続けているのであれば、すぐにお手入れを中止してください。

 

これは、お肌を直接、過敏にさせてしまうリスクがありますので、
シミ対策としては逆効果。過敏になったお肌は、肌から守るために、
すぐにシミを作ってしまいます。

 

■紫外線対策を行いたいのであれば「ソラレン」に注意!

ソラレンは、紫外線の吸収力を高めてしまう成分です。
ビタミンCを含む食物には、このソラレンが含まれていることが多いです。

 

また、ソラレンのその効果は、食べた後2時間後にピークを迎えます。
朝、ソラレンを摂取すると、紫外線を浴びる日中にその効果が、
高くなってしまうため、朝食に取るのは禁物だと言われているのです。

 

レモンパックや、きゅうりパックの場合、食べるのとは違い、
直接お肌に取り込むため、ソラレンの効果も、2日間と長いので気を付けましょう。

 

レモン、グレープフルーツ、オレンジ、きゅうり、そば、
イチジク、みつば、キウイ、ニンジン、これらにソラレンは含まれます。
夕食には是非取り入れたいですが、朝食にはシミのために、
避けたい食材と言えるでしょう。

スポンサードリンク

Return to page top