FX取引スタイルの種類

ホーム » 紫外線対策と食生活 » 日光アレルギーってどんな症状│光線過敏症の3種類を説明しています!

スポンサードリンク

日光アレルギーってどんな症状│光線過敏症の3種類を説明しています!

光線過敏症とは、いわゆる「日光アレルギー」のことです。
日光にあたった部分が赤くはれたり、水疱ができたり、
蕁麻疹ができたりなどの症状が現れることがあります。
その種類は、3種類。まずは、日光アレルギーについて、詳しく紹介します。

 

1.薬剤性の日光アレルギー

薬を飲んだ後に日光に当たると、赤くはれるような日焼けが起こることです。
抗ヒスタミン剤、抗生物質、鎮圧剤、ある種の消炎鎮痛剤、
ビタミンB12、ビタミンB6から出るものも報告されています。
また、モーラステープによるもの、香水などから起こるケースもあります。

 

2.日光蕁麻疹の日光アレルギー

日光に当たると蕁麻疹ができてしまうもので、可視光線が原因による、
日光アレルギーであることが多いです。蕁麻疹の治療と同じで、
内服治療が一般的です。

 

3.多型日光疹の日光アレルギー

手、首など、普段は洋服で隠せない部分に日光があたり、
湿疹、かゆみが出るもので、10代~20代の女性に多い症状です。
あまり日光が原因であると、考えにくい症状であるため、
自覚していないケースも多いと言います。
この症状の特徴は、夏に悪化して、冬に軽くなることです。

 

■日光アレルギーでない場合は適度に日光に当たるのが理想

「美白」第一の今の世の中、日焼けしたくないから夏場はスポーツをしない、
なんて女性が増えてきていますが、これにはあまり賛成派できません。

 

今は、UV対策のできる日焼け止め、メイクアップ用品、
基礎化粧品も増えてきているので、紫外線はいくらでも防げます。
帽子を被って行うといった対策でも、紫外線は防げますから、
あまり神経質にはならずに、適度に日光も浴びたほうが良いと言えるでしょう。

 

特にスポーツは、健康にも、美容にもとても良いことです。
今は多くの人が運動不足と言われる中ですから、夏場関係なく、
適度な運動は心がけておく方が、よほど、美肌に良いと考えます。

 

もちろん、綺麗になること自体は、女性にとって、目指したい場所であり、
保ちたい場所である気持ちも理解できます。ただ、運動不足から来る、
肌の不調もありますから、これから先、ずっと健康でいるためにも、
若さを保つためにも、ダイエット、スタイル維持のためにも、
たまには、スポーツをして体を動かすのが良いですね。

 

また、その時には、上記に挙げたようなケア商品を使って、
なるべく、紫外線に当たらないように工夫をしながら、楽しんでみてください。
ここまでが、美肌になるためのステップだと思いますよ。

スポンサードリンク

Return to page top