FX取引スタイルの種類

ホーム » 肌トラブルに効果的なスキンケア方法 » ニキビ跡からできる色素沈着!美白有効成分が効果的

スポンサードリンク

ニキビ跡からできる色素沈着!美白有効成分が効果的

10代から20代の素肌は潤い機能が高く、
30代40代の素肌に比べて皮脂の分泌もとても多いのが特徴です。
皮脂は肌に潤いを与えてくれるだけではなく毛穴に詰まるとにきびの原因にもなるものです。


20代の頃ににきびがたくさんある女性は年齢を重ねてから
肌のキメが整うといわれています。
これは20代ににきびがたくさんできる女性は肌の状態が皮脂を生み出しやすい素肌なので
年齢を重ねると不足しがちな皮脂が十分に肌にある状態を保つことができるからです。


でもにきびは本当にできると嫌なものですよね!なかなか治らないし
次から次に新しいにきびができていつまでたっても
にきびのない素肌にはなれないということも多いと思います。


にきびはできてしまったら触らないことがとっても大切な治療です。
にきびを無理につぶしたり触りすぎたためにできる
にきび跡は肌が色素沈着を起こしている状態です。


にきびのほかにも傷跡や虫さされの跡なども黒く見えるのはすべて色素沈着です。
色素沈着を起こしたところに紫外線があたると、その部分は
メラノサイトがメラニンを多く生成するようにさせます。


メラニンが過剰に生産されるとシミにつながる原因になります。
こうしたにきび跡や傷跡、虫さされの跡から起こる色素沈着は肌の生まれ変わりである
ターンオーバーを促すスキンケアでケアすると改善に導けます。


ニキビ跡や傷跡、虫さされの跡の色素沈着にはビタミンC誘導体の
配合されているスキンケアがオススメです。
ビタミンC誘導体は色素沈着を起こした素肌のメラニンを薄くする働きと
炎症を抑制させる働きの二つがあります。


ビタミンC誘導体の配合された美白ケア商品やサプリメントなどで
20代に起こりやすい色素沈着を改善することができます。
改善するには色素沈着が確実なシミになる前にケアする必要があります。


こういった色素沈着は20代の若い素肌なら
自然なターンオーバーにより消えていくものです。
でもこの色素沈着を起こしている部分に紫外線があたることで
肌の奥からシミを発生させてしまうのです。


ビタミンC誘導体のほかに肌の古い角質を取り除くことができる
ピーリング効果のあるスキンケアもオススメです。
ピーリングは肌のターンオーバーを助けるものなので色素沈着の
ある部分にも自然な肌の生まれ変わりを促してくれます。


シミになる前にスキンケアが20代の素肌に大切なことです。
メラニン色素が真皮まで沈着してしまう前に
早めのお手入れが将来の美しい素肌を作ります。

スポンサードリンク

Return to page top