FX取引スタイルの種類

ホーム » 肌トラブルに効果的なスキンケア方法 » 目元にできるしみの原因?色素沈着をつくる間違ったクレンジング

スポンサードリンク

目元にできるしみの原因?色素沈着をつくる間違ったクレンジング

毎日メイクをする女性は多いですが、特に目元を重点的に、
メイクする女性が増えています。ベースメイクも非常に大切ですが、
目の印象と言うのは、本当に大切。
特に40代以降の世代では、目元に疲れが見えると、
いくらベースメイクが完成してても、年齢より老けて見られます。

 

そんな目元のメイクには、ペンシルアイライナー、リキッドアイライナー、
アイシャドウ、マスカラを利用すると思いますが、目元用となるため、
涙でにじみにくいように作られています。
最近は、それぞれ水に強い、「ウォータープルーフ」仕様のものも市販されていますよね。
確かに、メイクをする分には、お化粧直しの手間も掛からないので、
涙や水に強いものの方が良いと言えますが、落とす時は別です。
クレンジングを使用しても、なかなか落ちない時って、ありますよね。

 

当然、その汚れを残したままにすれば、肌質は悪くなります。
丁寧に、しっかりと落とさなければ、シミやくすみの原因にもなります。
しかし、クレンジングの時にこすりすぎてしまうのも、肌には大きな負担となるのです。

 

■目元はシミができやすい。だからこそ、優しいクレンジングを

目元は、肌が非常に薄いのが特徴です。
皮脂の分泌も少なく、Tゾーンや、Uゾーンと違って、
カサカサに、乾燥してしまうことも多いと思います。

また、それと同時に肌が薄い分、色素沈着が起こりやすいです。
クレンジングの時に、メイクが落ちないからと、ゴシゴシこするようでは、
すぐに色素沈着が起き、目元が黒ずんでしまうこともあります。

 

■目元にシミ、色素沈着をつくる間違ったクレンジング

・ポイントリムーバーの多用 時々の使用ならば良いかも知れませんが、目元用、マスカラ用、
などのポイントリムーバーは、肌への負担が大きいのでおすすめできません。

・オイルクレンジングは逆効果 オイルクレンジングはその洗浄力の高さが良いとされますが、
そんなに高い洗浄力では、肌を痛めてしまいます。
いくらマスカラまで綺麗に落ちるとは言え、負担が掛かりすぎです。

 

■目元のガッツリメイクを優しくオフするクレンジング方法

クレンジングの前に、オリーブオイルを使用するのがベストです。
コットンにオリーブオイルを含ませ、メイクの濃くなりがちな、
目元に1分ほど乗せて良く馴染ませます。
最後にそっとなでた後に、クレンジング剤を使用するようにしてください。

 

こうすれば、お肌にあまり負担を掛けずに目元のメイクが落ちます。
優しく、撫でるようにすれば、目元のシミも広がることなく、
健康的な目元を維持できます。
目元のシミが気になる方、目元のくすみが気になる方、 是非、試してみてください。

スポンサードリンク

Return to page top