FX取引スタイルの種類

ホーム » 肌トラブルに効果的なスキンケア方法 » 日焼けした肌は軽いヤケド状態!早急にアフターケア

スポンサードリンク

日焼けした肌は軽いヤケド状態!早急にアフターケア

お肌に紫外線が与える負担は、非常に重いものです。
特に夏場は、誰しも1回は、日焼けしてしまって背中が痛い、
肩がヒリヒリするといった、失敗をしたことがあると思います。

 

そういった失敗もそうですが、紫外線は、シミや、シワ、乾燥、
本当にさまざまな肌のトラブルを引き起こす原因となりますので、
充分に気を付けて欲しいところです。

 

海、プール、山に川、夏は特にレジャーに出掛けると思いますが、
そういった時は、必ず、日焼け止め、UVケアを忘れないでください。
しかし、注意しても、思った以上に日焼けをしてしまったなんて経験は、
良くあることです。
そんな時は、正しい方法でアフターケアを行い、日焼けが、
早く良くなるように、シミにならないように、対処してください。

 

■日焼けしたお肌は、軽いヤケド状態。早急にアフターケアを!

ヤケドをした時は、すぐに冷やすことが重要とされるように、
日焼けしたお肌も、なるべく早くに、冷やすことが大切です。
氷水や、冷水に浸したタオルや、氷水を入れたビニール袋などで、
日焼けした場所を、充分に繰り返し冷やしてください。

 

これは、お肌のほてりが取れるまで充分に行います。
ほてりが取れたら、充分にスキンケアをします。

 

ボディ用の乳液などを使用して、しっかりと水分を取ってください。
ヒリヒリとした痛みは、ほてりのある時に起こりますから、
充分にほてりを取ってから、スキンケアを行うのが得策です。

 

また、日焼けの後はお風呂もヒリヒリと痛く感じますので、
できるだけぬるま湯、シャワーの時は、水圧を弱くするなどの、
工夫が必要です。

 

ひどい日焼けの時は、皮膚科に行くというのも1つの方法です。
お伝えした通り、日焼けはヤケドですから、日焼けくらいで病院?
と思わずに、診察して貰うのも1つの方法です。

 

ちなみに、日焼けしやすいのは、首の後ろや、胸元など。
肩や背中、腕などは重点的に、UVケアをする人が多いものの、
首の後や、胸元は、つい、忘れてしまう人も多いです。

 

また、海やプールに入る時や、思い切り汗をかく時は、
水や汗によって、日焼け止めが流れてしまうこともありますので、
こまめに付け直すのも1つの方法です。

 

日焼けは、お肌にさまざまな悪影響を与えますから、
女性は特に、日焼けしないように、普段から気を付けてください。
また、日焼けしてしまった時は、まず、ほてりが冷めるまで冷やすこと。
これを徹底するだけでも、日焼けの症状は格段に良くなり、
お肌への負担も軽減できます。

スポンサードリンク

Return to page top