FX取引スタイルの種類

ホーム » 肌トラブルに効果的なスキンケア方法 » シミの種類によってお手入れ方法は違う!あなたの気になるシミはどれ?

スポンサードリンク

シミの種類によってお手入れ方法は違う!あなたの気になるシミはどれ?

顔や背中にできるシミ。早く治したくて皆さん、色々努力されますよね。
でも、シミ対策の化粧品を買っても効果がなかったりして途中でやめてしまう
人も多いと思います。

 

効果がないなんて最悪!なんて感じるのは当たり前ですが、ちょっと待って。
それって本当に正しいお手入れ方法なのでしょうか。

 

シミ対策する前に、知っておいて欲しいのがシミの種類です。
シミにだって種類がありますので、この種類を理解していないと正しいお手入れ
なんてできません。

 

今回は、その種類とお手入れ方法を簡単に明記したいと思います。
シミの種類は皆さんが思っている以上に多いので、今回は特に皆さんが
なりやすいシミについてを書いていきます。

 

まずは老人性色素班です。原因は紫外線が多く、特徴としては頬骨の高い位置に
できやすい所です。
お手入れ方法は紫外線からくることが殆どなので、日焼け止めを毎日塗ることと、
メラニンの活性化を抑制させる化粧品を選ぶことが一番でしょう。

 

次に肝班です。
ホルモンバランスの崩れと紫外線からできることが多く、
紫外線を浴びやすい部分に左右対称にできることが特徴です。

 

お手入れ方法はないとされていますが、ホルモンバランスを整える生活と紫外線対策
などで薄くすることなどは可能です。

 

光線性花弁状色素班は、肩や背中など見えない部分に花びらのようにできるシミで、
ホワイトニング作用のものを使用すれば少しずつですが薄くなっていきます。

 

他にも、色素沈着型接触皮膚炎や妊娠性肝斑、脂漏性角化症、
炎症性色素沈着などの種類があります。

 

紫外線が絡んでくるシミが殆どですが、なかにはホルモンバランスや皮膚に炎症を
起こした際にできるシミもあり、この場合は細胞増殖、細胞賦活作用のある成分を
使用するなどでしてケアすることが可能です。

 

特殊なこともありますが、シミ対策として間違っていないのは紫外線対策のための
日焼け止めとビタミンCなどのメラニンを抑制させるものを意識することです。
上記はシミの根本にあるますので、お手入れ方法は異なってこれだけは
間違いないでしょう。

スポンサードリンク

Return to page top