FX取引スタイルの種類

ホーム » シミを作らせない肌ケア » 東洋医学ではおけつ体質の人はシミになりやすい!?

スポンサードリンク

東洋医学ではおけつ体質の人はシミになりやすい!?

私たちの体は、東洋医学の上で考えると、「気」「血」「水」の、
3つの要素から成り立つと考えられています。そのうち、今日は、
「血」について、詳しくお話をさせていただきます。

 

■東洋医学の「血」とは?

血は、血液と同じように肌などに栄養素を与えるものとして、
考えられています。気はエネルギーのようなもの、水は体にある、
全ての水分のこと、その3つが上手くバランスを保つことによって、
人は健康でいられると、考えられています。

 

■血に異常のある「瘀血」(おけつ)とは?

運動不足、喫煙習慣によって、血液の流れが滞ると、
東洋医学的には、「瘀血」(おけつ)と呼ばれる状態になります。
その他、過労、ストレス、高脂血症、冷えなどからも訪れるもので、
女性は特に気をつけるべき部分です。

 

血液の流れが悪くなった、この?血の状態は、血がよどみ、
肌に悪影響があります。シミもその1つです。その他、ニキビや、
赤み、湿疹などの症状が出ます。また、水毒にもなりやすくなるので、
下記の改善策を参考にして、?血を改善しましょう。

 

■瘀血体質の自己診断と改善策

・目の下にクマのできている人
・アザができやすい人
・シミがあり、なかなか治らない人
・舌に紫がかった斑点のある人
・生理痛がひどく、経血も多い人
・慢性的に頭痛がある
・肩こりのひどい人
・足に静脈瘤のある人

 

上記に当てはまる人は、瘀血体質であると言えます。

この瘀血の改善策は、とにかく、体を冷やさないことです。
冬場はもちろんのこと、夏場のエアコンの温度にも気を使い、
普段から、暖かい服装にするよう心がけます。

 

また、「体を温める食材」と、「体を冷やす食材」がありますので、
そのうち、温める効果のある温性の食材を良く摂取するようにします。
例えば、黒砂糖や、しょうがなどがあります。

 

瘀血は先述の通り、血の流れの悪くなった状態となりますから、
タマネギ、ネギ、ニラ、青魚などの、血液をサラサラにする
食材を摂取するのも有効です。

 

逆に良くない食材は、カフェイン、冷たい飲み物や、果物、
脂っこいもの、チーズなどがありますので、気を付けてください。
飲み物を飲む時は、常温以上の温度のものが望ましいです。

 

東洋医学の観点から見ると、シミのできやすい人は、
瘀血体質であるとされていますから、シミが気になっている人は、
是非、こういった観点からも、シミへの対抗策を考えてみると良いと思います。
また、他にも肌に関する東洋医学の異常がありますので、 調べてみてくださいね。

スポンサードリンク

Return to page top