FX取引スタイルの種類

ホーム » シミを作らせない肌ケア » 普通肌のスキンケア@肌への摩擦を与えないケアで更に美肌を目指す!

スポンサードリンク

普通肌のスキンケア@肌への摩擦を与えないケアで更に美肌を目指す!

水分(セラミド)、油分(皮脂)、2つのバランスの取れたお肌を、
「普通肌」と言います。普通肌の女性のお肌は、保湿力も高く、
適度に皮脂の分泌も行われている、肌トラブルの起こりにくい肌質です。

 

普通肌の女性は、洗顔後すぐでも、強いツッパリはありません。
肌のキメが整っていて、毛穴も小さく、目立ちにくいでしょう。
これは、皮脂、水分のバランスが整っている何よりの証拠です。

 

皮脂分泌の多い脂性肌の方は、テカリが気になりますし、
水分量が少ない乾燥肌の方は、カサカサが気になります。
そういったトラブルが、普通肌にはありませんから、シミ、シワ、
たるみ、黒ずみ、ニキビ、さまざまな肌トラブルが起こりにくいと言えます。

 

でも、普通肌だからといって、油断は禁物です。
トラブルがないから、スキンケアは適当で良いわけではありません。
特に、30代~40代を迎えたら、アンチエイジング化粧品などで、
丁寧にスキンケアを行ってください。

 

■普通肌の女性が気をつけること

お肌は、季節、体調、さまざまなことに左右されます。
普通肌の女性は、春~夏は脂性肌に、秋~冬は乾燥肌に、
やや近づきますから、季節に合わせたスキンケアも重要なお手入れです。

 

脂性肌、乾燥肌、混合肌の女性ほどではないかも知れませんが、
普通肌でも、季節で肌質が変わってしまうこともあるのです。

 

特に、保湿に関しては、絶対に欠かせないスキンケアとなりますので、
1年を通して、重点的に行うようにしてください。

 

■普通肌の女性は、肌の基礎体力の高い状態です

普通肌の女性は、肌内部の持つ力が高いと言えますので、
肌トラブルに合わせたケアは、他の肌質の方よりも不要だと言えます。

 

しかし、普通肌の人でも、正しいスキンケアは必要です。
安心して、スキンケアを怠れば、年齢とともに、シミや、シワ、
さまざまな肌トラブルが生まれてしまうかも知れません。

 

そのため、普通肌の方は、更なる美肌になるように、
お手入れを積極的に行うようにしてください。

 

普通肌であればあるほど、基礎化粧品の効果や、
パック、マッサージ、エステなどの効果も高くなりますので、
思っている以上の効果を感じられることも多いと思います。

 

また、現在の状態は維持できるよう、最低限の注意は必要となります。
その中でも、特に「肌への摩擦」は起こりやすい間違いですので、
洗顔の時に、摩擦が起こらないよう、目をこする、顔をかくなど、
肌を傷めるような行動をしないように注意してください。

スポンサードリンク

Return to page top