FX取引スタイルの種類

ホーム » シミを作らせない肌ケア » 表皮の基底層がトラブルと?!真皮に紫外線の負担が送られシミになる

スポンサードリンク

表皮の基底層がトラブルと?!真皮に紫外線の負担が送られシミになる

表皮の1番奥にある部分は、「基底層」と呼ばれる部分です。
お肌のターンオーバーも、この「基底層」より始まる、重要な部分です。

 

基底層は、お肌のターンオーバーのための、表皮細胞をつくる、
「基底細胞」と、紫外線からお肌を守る役目のある「メラノサイト」があります。
メラノサイトは、メラニン色素の原料ですから、シミの原因でも知られていますが、
本来は、紫外線からお肌を守るためのものです。

 

紫外線はお肌に良くないと言われます。
そのため、この基底層では、メラノサイトがメラニン色素をつくり、
紫外線が、その下にある真皮に届かないように守っているのです。

 

しかし、肌荒れや敏感肌、乾燥などの肌トラブルによって、
基底層がトラブルを起こすと、この作用が充分に効かなくなります。
すると、真皮に紫外線の負担が送られ、シミ、シワになってしまうのです。

 

また、基底層は新しい細胞を生成する他、表皮、真皮を繋ぎ、
表皮へ、真皮の水分、栄養を運ぶはたらきなどの連絡機関でもあります。

 

表皮、真皮、それぞれがお肌にもたらす効果はまるで違いますが、
両方合わせても、わずか2ミリ程度のもの。どちらも、基底層とともに、
改善していくような、スキンケアであるのが、望ましいと言えます。

 

美肌になるためには、皮膚のさまざまな部分を見据えて、
スキンケアをするのが重要ですから、お肌の血流をあげることもまた、
美肌の秘訣だと言われます。

 

基礎化粧品にばかり目の行ってしまう話ではありますが、
お肌も体の一部。酸素、栄養が不足したり、それらを運ぶ、
血液の流れが悪くなれば、健やかには保てません。

 

その血液とは、真皮にある「毛細血管」です。
私たちは、毎日欠かさず食事をしますが、体に取り入れられた栄養は、
血液の流れに乗って、肌にも運ばれます。

 

でも、ここで注意したいのが血流です。
真皮の毛細血管の血液の流れが悪くなれば、
いくら美肌を意識したスキンケアを行っても、栄養が行き届かず、
お肌のターンオーバーが遅れることにも繋がってしまうのです。

 

肌トラブルは、さまざまなあります。それに合わせた解決法もたくさんあります。
しかし、どんなトラブルでも、「生活習慣」を正すことは、 共通の解決方法です。

 

生活習慣が乱れれば、血流も悪くなり、栄養も不足します。
ターンオーバーとも、大きな関わりがある部分ですから、
美肌になりたいのであれば、基礎化粧品でのスキンケアと同時に、
生活習慣の見直しを行うようにしてください。

スポンサードリンク

Return to page top