FX取引スタイルの種類

ホーム » シミを作らせない肌ケア » ターンオーバーの周期が遅くなるとシミができやすくなる!

スポンサードリンク

ターンオーバーの周期が遅くなるとシミができやすくなる!

お肌の1番表面にある表皮は、お肌のターンオーバーによって、
随時、新しいものへ生まれ変わっています。
そのターンオーバーの効果により、肌のバリア機能となる角質層は、
常に角質細胞によって、守られているのです。

 

表皮細胞は、基底層の中にある基底細胞の分裂によって生まれます。
その表皮細胞は上へ上へ、皮膚の表面に向けて上がっていき、
約14日で角質細胞へと変化します。

 

その後、更に約14日かけて、肌の表面に行き着き、
最後は垢となって剥がれ落ちます。
これが、お肌のターンオーバーの流れになります。
約28日の周期にて行われるのは、14日+14日、2段階にて、
行われるからなのです。

 

お肌のコンディションは、ターンオーバーによって決まる、
そういっても過言ではありません。
お肌のターンオーバー早すぎてしまう場合は、バリア機能が低下、
敏感肌、肌荒れなどのトラブルが起こります。
お肌のターンオーバーが遅すぎてしまう場合は、肌の質の低下、
シミができやすく、薄くなりにくくなってしまいます。

 

間違ったお手入れ方法、不規則な生活、栄養不足、
さまざまな理由から、ターンオーバーは乱れてしまいますから、
お肌のコンディションを高めるためにも、気を付けてくださいね。

 

次に、覚えておきたいのは、角質層にある「バリア機能」です。
これは、お肌のヒットポイントのようなものです。
バリア機能が高ければ高いほど、お肌には良い効果が生まれます。

 

角質層とは、お肌の表面にある0.02ミリほどの薄い層ですが、
さまざまな外的刺激より守ってくれる、重要な部分です。

 

しかし、この角質層は、こする、かく、そういった刺激、
紫外線、乾燥に極めて弱い部分ですので、注意が必要です。
普段から、顔は極力触らない、紫外線対策、乾燥対策を、
念入りにしておくことを、おすすめします。

 

バリア機能の高いお肌とは、角質細胞が整然と積み重なる他、
セラミドなどの成分を、しっかりと挟み込んでいることなどが重要になってきます。

 

このバランスが崩れてしまうと、お肌は砂漠化が進んでしまい、
肌荒れ、ニキビ、シミ、さまざまな肌トラブルの原因になってしまいます。

 

スキンケアは、どの世代にも言えることですが、
「お肌のターンオーバー」、「角質層のバリア機能」
この2つに注目して行うのが理想だと言えます。
特に、30代~40代、年齢肌、シミ、しわが気になり出す頃には、
お肌内部の機能そのものを、活性化できるようなアイテムが好ましいですね。

スポンサードリンク

Return to page top