FX取引スタイルの種類

ホーム » 2015年9月

スポンサードリンク

2015年9月の記事一覧

メラニンを増やさない!肌の生まれ変わりを助けるシミ対策

40代の素肌に起こりやすい肌のお悩みと言えばシミですよね。肌表面に現れてしまったシミがある人も多いと思いますが、まだシミがない人も肌の中にシミ予備軍を持っています。いつかシミになるこのシミの元を含めてシミ対策をする必要があります。


シミは紫外線の影響でできるものがほとんどです。40代のシミには女性ホルモンの影響で起こると言われる肝斑もあるので、紫外線でできるシミと合わせるとシミ発生の確率はかなり高い状態なんです。


シミができる一番の元は、メラノサイトが紫外線を浴びると同時に肌を守るためにメラニンを作り出す指令を送り出すからです。紫外線をたくさん浴びたり蓄積された紫外線の量によって過剰なメラニンが作られることによってシミの元は出来上がります。


メラニンは本来、肌の真皮を紫外線の影響から守る肌の防御のためのものです。しかし、過剰に出来上がったメラニンは角質にくっついて、その角質が肌表面に現れるときに一緒に姿を現すのです。


メラニンを過剰に分泌させないためには紫外線を浴び続けないことが一番の方法です。
そのためにはUVカットが必要です。毎日紫外線を浴びるのを防ぐために日焼け止め、さらに日差しの強い夏には日傘などで紫外線対策をすることも有効な方法です。


紫外線をカットしてメラニンの過剰生産を防ぎながら、今度はできてしまったシミを薄くする対策をしていく必要があります。できてしまったシミを改善するためには肌の生まれ変わり、ターンオーバーを正常化する必要があります。


20代の素肌のターンオーバーは28日です。しかし40代の素肌は代謝の衰えからターンオーバーは長くなりがちです。肌の生まれ変わりが長くなるということはシミが肌のずっとあることにつながります。


シミを薄くするためには正常なターンオーバーを取り戻すことが大切です。ターンオーバーは肌が活性化することで機能を取り戻します。そのためにはマッサージ効果のあるパックを使用して血行をよくすることや古い角質を取り除くピーリングなどがオススメです。


40代の素肌にできるシミ対策は、過剰なメラニンを防ぐための紫外線対策と肌の正常なターンオーバーを手に入れること、この二つがとっても有効な対策です。
素肌の美しさを取り戻しキープするためにはこういったお手入れをすることが大切です。

スポンサードリンク
  • 1

Return to page top