FX取引スタイルの種類

ホーム » 2015年8月

スポンサードリンク

2015年8月の記事一覧

紫外線対策でシミ予防!日傘やサングラスも有効

夏の日差しの強い季節、紫外線をなるべく浴びないように注意している女性は多いと思います。
紫外線は夏だけでなく春や秋といったあまり日差しの強くない時期もしっかり降り注いでいるんです。 


紫外線対策は肌に直接塗る日焼け止めがまず真っ先に思い浮かびますよね。
30代の素肌の奥には10代や20代の頃に浴びた紫外線の影響がメラニンとして存在しています。
このメラニンが肌の表面に現れることでシミになるのです。


肌を黒くさせる働きのあるメラニンはメラノサイトが指令を出して作るものです。
メラノサイトは紫外線を浴びることで肌を黒くして有害なものから肌を守るための働きがあります。
でも過剰なメラニンはシミを作り出してしまいます。


メラノサイトは活性化するとどんどんシミの元になるメラニンを作り出します。
そんなメラノサイトを活発にさせないために、紫外線を浴びない努力がシミの予防には一番です。


実は紫外線は目や頭皮などからも体の中に入り込み、
その紫外線をメラノサイトがキャッチすることで肌を黒くさせてしまいます。
直接肌に紫外線が当たらなくても脳がメラノサイトにメラニンを作り出すように指令を出すのです。


肌の露出する部分だけを日焼け止めで守るだけでは確実なシミ予防はできません。
目から紫外線が入り込まないようにサングラスやUV効果のあるメガネ、
頭皮や皮膚に紫外線があたらないように日傘を使うこともオススメの紫外線対策です。


ちょっと十分すぎるくらいの紫外線対策が30代には大切だと思います。
それは10代や20代に浴びた紫外線が多い人ほど30代になってシミが
突然現れることが多いからです。


過去に浴びてしまった紫外線を消すことはできませんが、
過去にたくさん紫外線を浴びた経験がある30代の女性には
日焼け止めだけでなく目のUVカットや日傘なども有効なシミ予防になります。


また、日差しの弱まる春や秋でもレベルの低い日焼け止めでもいいので
天気の良い日の外出には使用することがシミを表面に出現させないための予防になります。
面倒に感じることもありますが、将来の素肌のためにも30代からできる
シミ予防をしっかりとしておきたいですね。


シミのない素肌だからこそシミを作らせないための予防をしっかりしておく必要があります。
一度できてしまえば消すまでに時間がかかる上に確実には消すことが難しいシミですので
シミは「予防」が第一ということを覚えておきたいと思います。

スポンサードリンク

保湿成分の多い美白コスメ!30代さっぱりした使用感の化粧品がオススメ

30代にオススメの美白コスメをご紹介しています。30代はお肌の乾燥がしやすくなるので保湿成分の多い化粧品を選ぶといいです。

続きを読む

  • 1

Return to page top