FX取引スタイルの種類

ホーム » 2015年4月

スポンサードリンク

2015年4月の記事一覧

紫外線を浴びてしまったら!その日に出来るシミを予防

10代のお肌は特別なお手入れをしなくてもいつでも美肌ですよね。
そんな10代といえば部活にレジャーなどで紫外線を浴びる機会が
とっても多い年代ともいえます。


毎日の通学や部活で屋外にいる時間が比較的長いのが10代の特徴です。
紫外線はシミを作る肌にとって害のあるものです。
紫外線をなるべく浴びないことがシミの予防に繋がります。


でもどうしても紫外線を浴びることを避けられない10代のお肌・・・。
一番大切なのは紫外線を肌に透過させない予防です。
そのために必要なのは日焼け止めです。


日焼け止めはつけるのが面倒に感じることも多いと思います。
様々なタイプがある日焼け止めを上手に選んで使い分けることで
手間なくしみ予防をすることができます。


通学のときに浴びる紫外線は朝と晩なので
夏でも強烈な日中の紫外線と比較すれば弱いものです。
朝の忙しいとき、疲れて自宅に帰る前使いやすいのは
スプレータイプやシートタイプの日焼け止めです。


スプレーやシートにはそれほど高いSPFやPAでないものがほとんどですが、
通学のときの日焼け止めには十分効果があります。
手軽なので毎日続けて使うことができ、続けられることはシミを予防に繋がります。


夏の強い紫外線の元、屋外で活動をする時は日焼け止めを使い分けることが必要です。
SPAとPAの値の高いものを選び汗や皮脂に強いものを選んで使いましょう。
またこまめに塗りなおすこともシミの予防にはとっても大切なことです。


それでも紫外線を浴びてしまった!
というときはその夜にできるシミ予防法があります。
紫外線を受けた肌をしっかり冷やすクールダウンという方法です。
肌の奥で熱を持っている肌を冷やすことで肌を黒くさせる
メラノサイトの働きを沈静化させることができます。


ケーキなどについている保冷剤でもいいですしドラッグストアでメントール成分の
配合されている使用感がひんやりする化粧水や肌を冷やす効果のある
アロエジェルなどを購入して使うことも浴びてしまった紫外線対策になります。


紫外線は浴びたその日に対策することが重要です。
たくさんの紫外線を浴びてしまったその日に、ひんやり化粧水やアロエジェルで
肌の奥までしっかり冷やすことがシミを作らないための予防になります。


シミを作る紫外線から日焼け止めやクールダウンで
肌を守ることがシミの予防としてとっても有効な方法です。
自分に合った日焼け止め&肌を冷やすアイテムを用意しておくと紫外線も怖くないですね!

スポンサードリンク

敏感肌でも使える美白コスメ!肌に優しくシミのない肌に

敏感肌だからといって美白コスメを諦めないで、自分に合ったスキンケアを見つけることがいつまでも若々しい素肌でいられるための大事なポイントです。ストレスを抱えやすい30代の素肌に多い敏感肌でも美白コスメをオススメします!

続きを読む

  • 1

Return to page top