FX取引スタイルの種類

ホーム » 2013年9月

スポンサードリンク

2013年9月の記事一覧

しみの治療にレチノイン酸が効果的!病院で処方して貰う外用薬

レチノイン酸は、病院にて処方して貰う外用薬です。
そのため、何回も何回も、病院に通う必要性がなく、その分、
費用が掛からないのがメリットです。
シミやシワへの効果に期待できますので、
一度、処方して貰ってみてはいかがでしょうか?

 

■レチノイン酸とは?

・どんな治療法?

ビタミンAの1つ「レチノイン酸」の含まれた薬を使った治療法です。
その薬を、シミのある箇所に塗れば、お肌のターンオーバーが促進され、
シミが徐々に薄く、消えてなくなります。
コラーゲンの生成も促すことができるので、シワ治療にも使われている方法です。

 

・治療にはどのくらい費用がかかる?
薬の処方になりますので、大体1ヶ月あたり3000円~5000円で済みます。
化粧品の1つとして考えて貰えば、さほど高くはありません。

 

・治療にはどのくらいの時間がかかる?

1日1回~2回の使用がベストです。朝起きた時、夜寝る時に、
お使いください。強めのお薬であれば、2ヶ月程度、
弱いお薬であれば、半年~1年ほど掛かります。

 

・レチノイン酸の効果

シミに効果の高いお薬ですが、お肌のくすみの改善や、
目の下の黒っぽいクマ、注射による治療のしにくい、
目の付近のお肌のトラブルにも、使われます。

 

■レチノイン酸の使用の手順

1.皮膚科にて処方して貰います

レチノイン酸の外用薬がありますので、皮膚科などの医療機関で、
処方して貰ってください。

2.1日1回~2回患部に塗ります

処方の際に、塗り方の説明や注意点の説明があると思いますが、
レチノイン酸を塗るときは、綿棒を使用するのが良いでしょう。

3.2週間に1度または2~3ヶ月に1回、皮膚科に行く

このあたりは、先生の方針にもよる部分だと思いますが、
定期健診は必ず行いましょう。大体の目安としては、
強めのお薬の場合、2週間に1回程度、弱いお薬であれば、
2~3ヶ月に1回、必ず診せてください。

4.徐々に濃度をあげるのも良いでしょう

医師の指示が1番ですが、レチノイン酸の使用は、
徐々にお肌が慣れていきますので、濃度を刻していくのが一般的です。

 

■治療後の補足と注意点

強めのレチノイン酸の場合は、皮膚が赤くなって剥けてきます。
そのため、弱いレチノイン酸から、使用する人が大半です。
徐々に濃度を濃くしていく場合は、赤くなったり、
皮が剥けることはありません。

 

万が一、お肌の赤みが強くなってきてしまった場合や、
じゅくじゅくと、痛みを伴っているようであれば、
すぐに、処方して貰った病院で診て貰ってください。

スポンサードリンク

シミ改善のピーリングは自宅でもできる?!効果が高いのは皮膚科治療

ピーリングとは、お肌のターンオーバー&コラーゲンの生成を高めることのできる治療法です。ホームピーリングの方法もありますが、より効果の高い、皮膚科での治療について調べました。シミの他にも、肌トラブルのある人は是非!

続きを読む

カネボウ化粧品の美白成分「ロドデノール」はお肌に斑模様をもたらす!

カネボウ化粧品の事件により、自主回収の対象になった商品リスト、また、何故、斑模様の白斑ができてしまったのか、その原因となった成分について、詳しく調べました。参考にしてみてください。

続きを読む

シミを消す美白化粧品の選び方!美白成分によって効果に違いが出るよ

美白とは?美白有効成分とは?色白、色黒とは?美白に興味のある女性も、実は、詳しく知らなかったりしませんか?今日は、そんな基本的な「美白」の知識について、紹介していきたいと思います。

続きを読む

コーヒーを毎日飲んでシミ予防をする!ポリフェノールの美容効果

コーヒーには、コーヒーポリフェノールが含まれています。このコーヒーポリフェノールには、高い美容効果、健康効果が期待できるので、コーヒーは、良く言われるようなマイナス効果ばかりではありません。

続きを読む

Return to page top